【KEY】アメリカ・日本 セキュリティ管理は続く

ビッグデータ、クラウドの利用に伴って、セキュリティを高めていくことは必須となっている状況が続く。【アメリカ】サイバーセキュリティポリシーの課題(Clutch社)、【日本】クラウド対応のWebサイトフィルタリング(テクノブレスト株式会社)、【日本】攻撃を自己学習するAIクラウドセキュリティ(使えるねっと株式会社)、3記事を掲載。

セキュリティ

【アメリカ】サイバーセキュリティポリシーの課題

◆アメリカのClutch社は、サイバーセキュリティポリシーについて、500人以上の従業員を持つアメリカの企業300社のIT担当責任者に対して調査“How Large Businesses Approach Cybersecurity in 2017: Survey(2017年、大企業はどのようにサイバーセキュリティに取り組んでいるか:調査)”を行った。その結果、調査企業の90%が、サイバーセキュリティポリシーを定めていることが分かった。◆

B2B企業の評価やレビューを行う同社調査“How Large Businesses Approach Cybersecurity in 2017: Survey”によると、多くの企業は、セキュリティ対策として、セキュリティソフトウェア、データバックアップ、ストレージ、スキャム検知を行っていることが分かった。サイバー攻撃については、57%の企業が昨年一度はフィッシング攻撃を受け、マルウェアが47%、パスワードアタックが37%、DoS攻撃が29%などと回答されている。

また80%以上のIT担当責任者は、サイバーセキュリティポリシーの導入実施にあたっては、ポリシー、ポリシーのコンプライアンス、研修について、従業員や社員に対し積極的に連絡していると答えている。ポリシーに違反したら、すぐに解雇されるというのでは、企業内のモラルにネガティブな影響を与えてしまうと考えられるという。

Clutch Survey

担当責任者は、企業にサイバーセキュリティポリシーの状況を改善するには、テクノロジーにおける改善がベストだと考えている。71%が、所属企業において、次年度サイバーセキュリティのための人材やテクノロジーに対する投資を増やすと答えている。

【企業サイト】Clutch

 
 
 
 
 

【日本】クラウド対応のWebサイトフィルタリング

◆日本のテクノブレスト株式会社は、Webサイトフィルタリングを、柔軟に運用・管理するサービス“Lumen for WinGate”の提供を開始した。本サービスでは、SNSや共有ストレージなどの、クラウドサービスのフィルタリングも可能である。◆

“Lumen for WinGate”は、シャドーITなどのリスクを抑え、セキュリティーポリシーに準拠した、アクセス管理を可能にするサービスだ。本サービスを利用することで、ホワイトリストやブラックリストを明示的に指定したり、SNSへのアクセス制限管理、異常発生時におけるアクセス遮断などを、実現することができる。

情報処理推進機構の調査では、組織のセキュリティ脅威として、標的型攻撃による情報流出や、ランサムウェアによる被害が、上位に挙げられており、自社サイトへの不必要なアクセスを減らすことが、重要となっている。そのため、企業のポリシーに準拠させながら、サービスへのアクセス管理も、同時に行うことが必要であると、同社は述べている。

Lumen
本サービスの価格は、6ユーザー用の年間購読ライセンスが、3万円からとなっている。また、30日間の試用版が利用可能なため、自社サイトのアクセス管理を、手軽に試すことが可能だ。テクノブレスト株式会社は、世界のソフトウェア製品を、国内向けに提供している企業。

【企業サイト】Lumen for WinGate

 
 
 
 
 

【日本】攻撃を自己学習するAIクラウドセキュリティ

◆日本の使えるねっと株式会社は、標的型攻撃メールやランサムウェア対策に有効な、クラウド型メールセキュリティサービス“使えるメールバスター”を発表した。本サービスは、中小企業にも導入しやすい料金プランでの提供となる。◆

“使えるメールバスター”は、自己学習型AI技術を搭載することにより、ウイルス撃退率100%、スパム撃退率99.98%を誇る、セキュリティサービスだ。本サービスは、手軽な導入が可能で、分かりやすいコントロールパネルによる、簡単なセキュリティ管理を実現することができる。

また、最新のスパムやマルウェアに対しても、AIが新しい攻撃パターンを即座に検出し、対応することが可能だ。そして、クラウド上で迷惑メールを遮断することで、企業のメールサーバーへ負荷をかけないフィルタリングを、実現している。

tsukaeru

価格は、月額1600円からで、100メールアカウントが登録可能となっており、初期費用はかからない。使えるねっと株式会社は、クラウドサービスプロバイダーとして、クラウド製品やサービスの提供を行っている企業。

【企業サイト】使えるねっと株式会社

広告