【日本】受発注業務を効率化して食の安全を実現

日本の株式会社インフォマートは、株式会社鳥貴族による、“BtoBプラットフォーム 受発注”と、“BtoBプラットフォーム 規格書”の活用事例を公開した。株式会社鳥貴族は、同プラットフォームの導入により、食の安心・安全の強化を実現している。

プラットフォーム

“BtoBプラットフォーム 受発注”では、日々の受発注・請求書業務を最適化することで、業務効率化とコストの削減が可能だ。また、“BtoBプラットフォーム 規格書”は、食の安心・安全のために、原産国表示や、アレルギーチェックの自動機能などを搭載しており、これら2つのサービスを組み合わせることで、受発注データと食品データの両方を、IT化して管理することができるようになる。

株式会社鳥貴族は、本プラットフォームの導入以前に、電話・FAXでの発注を中心に行っていたが、つながらない、送れない、文字が読めないといった問題が度々発生し、日々の発注に膨大な手間と時間をかけていた。そこで、本プラットフォームを導入した結果、発注業務が効率化されただけでなく、類似商品の使用や発注ミスが無くなり、全店舗で同じ品質の料理を、提供することができるようになった。

infomartF

株式会社鳥貴族は今後も、業務効率化につながるシステムや取り組みを採用することで、生産性向上と労働環境の改善を進めていくとしている。本プラットフォームを提供する株式会社インフォマートは、主にBtoB取引の支援を行っている企業。

【企業サイト】株式会社インフォマート

広告