【アメリカ】eメールソリューションの国際市場予測

アメリカのReportlinker社は、市場調査企業Future Market Insight Global & Consulting Pvt Ltd社によるレポートを、販売開始した。レポートによると、北米市場が、市場全体を牽引するという。ビジネスにおいて、日常業務をスムーズに進めるためのクラウドサービスの一つとして、ビジネスeメールソリューションが利用されている。

eメール

“Cloud Business Email Market: Global Industry Analysis (2012-2016) and Opportunity Assessment (2017-2027)”は、北米のクラウドビジネスeメール市場は、2017~27年の間に大きく成長すると予想。2016年において北米の市場規模は6億3120万US$、今後年平均成長率9.6%で、2027年末までに17億322万US$に成長すると考えられる。

北米地域の特徴は、クラウドeメールへのAI導入が増加していることだ。カスタマーへの対応効果を目的として、eメール配信を改善するためにAI機能をアドオンでG suiteに実装し始める企業もある。また企業におけるBYODテクノロジーの適用が進んでいるため、フィッシングの検知と阻止がeメールソリューションに求められている。企業におけるBYODテクノロジーの適用が進んでいることから、フィッシングの検知と阻止がeメールソリューションに求められている。

業界の動向としては、金融関連企業において、ホステッド型のクラウドサービス利用が進んでいく。パブリッククラウドからホステッド型に移行し、より効率的で安全な、eメール配信を確実にしている。

Reportlinker09

Reportlinker社は、市場調査データリサーチのソリューションを提供、同社サイトで様々な市場レポートを入手することができる。

【レポートサイト】Cloud Business Email Market: Global Industry Analysis (2012-2016) and Opportunity Assessment (2017-2027)

広告