【アメリカ】B2B企業のVR技術に対する関心

アメリカのABI Research社は、B2Bテクノロジー調査“Transformative Technology Adoption and Attitudes – Virtual Reality report(変革的技術の導入と意向 – バーチャルリアリティーレポート)”をリリース、VR技術に関心を持って検討を始めている企業の増加について発表している。

バーチャルリアリティ

同社の“Transformative Technology Adoption and Attitudes – Virtual Reality report”によると、VR技術を実際に利用している企業は4%であるが、少なくとも初期検討の段階には入っている企業が85%にのぼったという。9種の業種についてアメリカ企業455社に対して行ったこの調査から、VRは消費者にとって魅力あるものと考えられがちだが、B2B企業の関心も集め始めていることが判明。

調査結果によると、VR技術に関心を示している業界は、ヘルスケア、小売り、自動車/輸送機機器、消費財包装関連などである。研修、テスト、マーケティングすべてにおいて、VR技術の利用が考えられる。また医療関連分野で症状に対するトリートメントやセラピーのためのアプリケーションや、小売業におけるVRショールームといった、業界に特化されるニーズもある。VRがどのように広がっていくか、まだ始まったばかりである。パススルーカメラ付きのヘッドセットを使用するVRは、今後のアプリの可能性が大きい。同社では、これからの5年間は、まだ消費者を対象とするVR市場が主流であるが、将来的にはB2B市場が追いつく可能性があると考えている。

ABIVR

ABI Research社(Allied Business Intelligence, Inc.)は、情報通信技術関連市場を中心とする調査・コンサルタント企業で、今回の調査は、VR以外に、AIや屋内位置情報といった技術を含む13の最新技術について行われた。

【レポートサイト】Transformative Technology Adoption and Attitudes – Virtual Reality report

広告