【技術トピックス】2017.8.30

オーダーメイドで【日本】ゆるキャラや企業キャラを接客ロボットに(株式会社ロイスエンタテインメント)、購買効果を測定する【日本】リアル店舗におけるデジタル広告の効果を測定(株式会社博報堂DYメディアパートナーズ)、エンジニアのスキルを見える化【日本】技術者のスキルをクラウド管理(アクティブエージェント株式会社)、3記事を掲載。

技術トピックス

【日本】ゆるキャラや企業キャラを接客ロボットに

◆日本の株式会社ロイスエンタテインメントは、オリジナルキャラクターを、接客支援ロボットとしてオーダーメイド製作するサービス“3D ROBOT”を開始した。ロボットの大きさは30cm程度で、アニメキャラや企業キャラクター、ゆるキャラ等を、イラストや写真をもとにオーダーメイドすることが可能だ。◆

“3D ROBOT”の特徴は、3Dデータ設計から3Dプリンター出力までを、一貫して行うことで、低価格によるロボット製作を実現している点だ。ロボットは、クラウドからインターネット経由で操作でき、ディスプレイによるデジタルサイネージ化にも対応している。

ロボットの動きはカスタマイズ可能で、最大12箇所までモーターで動かすことが可能だ。音声については、キャラクターに合った人工の音声合成や、事前に用意した音声ファイル再生のほかに、声優による音声収録もオプションとして利用できる。

価格は、初期費用が50万円から、月額が1万円からとなっている。また、同型のロボットについては、2体目以降なら20万円から製作が可能だ。株式会社ロイスエンタテインメントは、 3Dプリンターや、3Dデザインに関する事業を展開している企業。

3D ROBOT

また、収集した投稿コンテンツを、自社サイトなどのオウンドメディアへ掲載することも可能となっている。シャトルロックジャパン株式会社は、SNS上のユーザーコンテンツ収集・活用サービスを提供している、グローバルカンパニーの日本法人。

【サービスサイト】3D ROBOT

 
 
 
 
 
 

【日本】リアル店舗におけるデジタル広告の効果を測定

◆日本の株式会社博報堂DYメディアパートナーズは、デジタル広告によるリアル店舗での購買効果を測定する、“購買トラッキングツール”をリリースした。本ツールは、同社と、株式会社博報堂DYデジタル、そして、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社によって、共同で提供開始されたものだ。◆

“購買トラッキングツール”は、POSデータやレシートデータなどの、販売時に記録される大規模な購買データを活用することにより、複数のチャネル・媒体を横断した形で、店舗における購買効果の測定を可能にするサービスだ。

本ツールを利用することで、リアル店舗での購買指標をもとに、デジタル広告活動のPDCAサイクルを、実施することができるようになる。また、リリースに先駆けて行われた、本ツールの検証においては、広告接触者と非接触者を比較して、最大2.1倍の購買効果が得られたことが確認されている。

HakuhodoDY

そして、博報堂DYグループでは、大規模な購買アクチュアルデータを活用した、高精度広告配信ソリューション“POS-AD”の提供も行っており、“購買トラッキングツール”の検証にも、同ソリューションが用いられている。

【企業サイト】株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

 
 
 
 

【日本】技術者のスキルをクラウド管理

◆日本のアクティブエージェント株式会社は、社員の技術力や、仕事への意欲などを見える化できる、スキル管理ツール“SEENS”の提供を開始した。本ツールを利用することで、社員のスキルを正確に把握し、細かなフォローを行うことが可能になる。◆

“SEENS”は、IT業界のエンジニア不足を解消すべく開発された、クラウド型人材管理システムだ。本ツールでは、技術者と保有スキルの見える化から、技術者の意欲力チェック、プロジェクトの一元管理までを行うことができる。

また、本ツールは、スマホやPCなどの、あらゆるデバイスに対応しており、社外からの情報更新も可能だ。さらに、人事・総務管理だけでなく、営業職でも、スキルシートをダウンロードすることで、外出先で人材を提案できる。

SEENS

月額については、管理人数50人までのライトプランが1万5000円、200人まで管理できるスタンダードプランが3万8000円となっており、人数が200人を超える場合には、1万9600円に一人当たり98円をプラスした金額で利用できる、エンタープライズプランが用意されている。また、お試しプランとして、管理人数が25人までであれば、完全無料で利用が可能だ。

【サービスサイト】SEENS

広告