【アメリカ】eメールアプリの国際市場予測

アメリカのPersistence Market Research(PMR)社は、eメールアプリの国際市場調査について、新しいレポート“Global Market Study on Email Application”を発表した。国際市場を詳しく分析して、2017年から2025年に至る予測を述べている。

eメール

PMR社のレポートは、この期間に市場規模が1.5倍強に成長すると予測。予測期間の年平均成長率は4.6%となる。また、企業規模の違いによって、どのような要因がeメールアプリ導入に影響を与えるかに焦点をあて、主要ユーザーは引き続き中小企業であり、売上も堅実に伸びていくと予測。

市場セグメントは、企業規模、パブリッククラウドかオンプレミスか、オペレーションシステムは何か、業界(金融、ヘルスケア、メディア関連、IT及び通信、自動車、消費財及び小売りなど)、そして北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパをはじめとする地域などである。地域では、アメリカ市場が引っ張る北米の伸びが5%、ヨーロッパやアジア太平洋地域が3.8%と考えられる。ウィンドウズOS利用は予測期間において増加し続けると考えられ、ウィンドウズアプリの成長が最も高く、Linuxがこれに続く。業界では、金融業界、ヘルスケア業界での伸びが大きく、次いでIT及び通信業界があげられている。

PMRemail

有力ベンダー企業は、新製品の投入や製品改良のための他企業との提携といった動きを見せている。40%の企業が戦略とする新製品投入は今後も続く。また、国際的な市場を獲得のために企業買収を考える有力企業は12%にのぼるという。PMR社は、国際的な市場調査企業。

【レポートサイト】Global Market Study on Email Application

広告