【アメリカ】B2B購買決定に影響するコンテンツ・情報は?

アメリカのSmartBrief 社はContent Marketing Instituteと共同で、B2Bビジネスリーダーに対して調査を行い、その結果を“How Content Influences the Purchasing Process”(コンテンツは購買プロセスにどのように影響しいるか)として発表。購買決定者が自分たちのニーズに応えるコンテンツや情報を求めていることが分かった。

コンテンツ

アメリカのSmartBrief 社はContent Marketing Instituteと共に、この5月、18業種1200人の上級管理職に対して調査を行った。業界を問わずビジネスリーダーは、購買を決定する要因となるニッチなコンテンツを求めているという。調査の結果、購買の決定をする際、リーダーたちがコンテンツに求めている3つの性質が分かった。彼らが、特に感じているニーズや苦労している点について説明されていること、製品やサービスの仕様が分かること、販売促進というよりも何か教育的な意味のある内容が望ましいことであった。

回答者の40%が、コンテンツの情報源は問わず、情報内容が信頼できればよいという。また購買を決定するまでにおいて、最重要視する情報は、同僚からの推薦が80%、自分自身のリサーチが74%である。81%の回答者は、メーカーやベンダーに話をする前にリサーチを行い、66%はベンダー以外からの情報を集めている。製品レビュー58%、体験イベント・製品デモは共に55%、製品ベンダーのウェブサイト50%、第三者による製品レビュー48%などである。

SmartBrief

SmartBrief社は、様々な業界のニュースや情報を、提供するデジタルメディアパブリッシャー。About Content Marketing Institute CMIは、グローバルコンテンツ・マーケティングマーケティングの教育と研修を行う。

【レポートサイト】How Content Influences the Purchasing Process

広告