【日本】社内のつながりを可視化する分析サービス

日本の株式会社Beat Communicationは、ビッグデータの分析や、社内ネットワークの解析・可視化を行う、ソーシャル分析サービス“Beat Analytics”の提供を開始した。本サービスを利用することで、現実のビジネスに活かすことができる、より実践的な分析結果を得られるようになる。

可視化

株式会社Beat Communicationが提供する“Beat Analytics”の特徴は、データ分析の基本機能を網羅しつつ、分析から得られた結果を、経営に活かす仮説を立てるまでの支援を行う点だ。これにより、従来のテキストマイニングツールにおける、分析結果をどう活かせばいいのかわからないとった課題を、解決することができる。

また、本サービスでは、社内SNSのテキストマイニングだけでなく、組織図に現れない社員のつながりを可視化するネットワーク分析や、経営判断がコミュニケーションに与える影響を判断する、ポジティブ・ネガティブ発言の分析が可能だ。

BEAT

価格は、初期費用が30万円で、ソーシャル分析の単体利用が14万円から、分析コンサルティングがプラス10万円からとなっている。株式会社Beat Communicationは、主に社内SNSの導入支援を行っている企業。

【企業サイト】株式会社 Beat Communication

広告