【日本】カメラの画像認識でドローンを自動制御

日本の株式会社コンセプトは、株式会社デンソーが開発中の、インフラ点検に使用する産業用 UAV (ドローン)向けに、画像認識技術を用いた、飛行速度制御の実装を進めていることを発表した。これにより、橋の下などの、GPSによる測位精度が低い環境においても、安定した飛行と撮影を行うことが可能になる。

ドローン

日本の株式会社コンセプトは、株式会社デンソーが開発中の産業用ドローン向けに、画像認識技術を用いた、飛行速度制御の実装を進めていることを発表した。株式会社コンセプトは、ARを中心とした画像処理技術の活用に取り組む、大阪大学発の研究開発型ベンチャー企業である。

今回、株式会社デンソーが、株式会社コンセプトの画像認識技術を採用した理由は、速度推定の精度を上げ、機体の進行速度を一定に保つことで、損傷点検用に撮影する画像の質、及び量を、必要十分なものとするためだ。一般的に、機体の速度推定を行うためには、GPSの利用が考えられるが、橋の下などの、GPSによる測位精度が低い環境においては、精度が相対的に悪化する。そこで、株式会社コンセプトの、カメラの画像から機体の速度をリアルタイムに推定する技術により、橋の裏側などの撮影においても、安定した撮影を行うことが可能になる。

Concept

また、株式会社コンセプトはこれまでにも、ドローンの自動制御技術に関する、研究開発の実績を持っている。同社は今後も、速度推定技術にとどまらず、画像認識技術による産業用ドローンの安定飛行、操縦者の負荷軽減、撮影の最適化等に寄与する技術開発を、進めていくとしている。

【企業サイト】株式会社コンセプト

広告