【アメリカ】チャットをCRMに記録するアドオン

アメリカのPowerObjects社は、Microsoft Dynamics 365のパワーパックアドオンとして、“PowerChat”をリリース。このアドオン導入で、ユーザー企業は、顧客とのチャット対応の改善を計ることができる。

チャット

アメリカのPowerObjects社は、新しいアドオン“PowerChat”を Microsoft Dynamics 365のためにリリース。同社は、グローバルIT企業HCL Technologies Companyグループ企業の一つで、サービス、サポート、教育、アドオンなどを含めMicrosoft Dynamics 365 の提供を手掛ける。

このソリューションによって、ユーザーは利用しているCRM環境内部からチャットウィジェットを簡単に起ち上げ、カスタマイズすることができる。独自のスクリプトコードを配して、サイトの中のどこでも、加入者はビジターとリアルタイムでチャットを行い、CRMにその内容を記録することが可能になる。
“PowerChat”はパワーのあるアドオンで、ユーザーは顧客と交流し、導いていくことができる。顧客とコミュニケーションをとり、それがCRMに記録されることで、チャットエージェントはすぐに過去の記録内容を見て、顧客個人個人への対応をサポートすると、同社は商品の特徴について語っている。

PowerObjects

チャットが終わるとチャットウィジェットに評価オプションが出る。チャット評価機能は、ビジターは自分への対応がどのようなものであったかを、すぐに企業に伝える手段となり、企業は、この評価によって対応者がどのように対応したかを知ることもできるという。

【レポートサイト】PowerObjects

広告