【日本】IoTとAIで農作物を栽培管理

日本の株式会社スカイディスクは、福岡県によって募集されていた、“農業IoTシステム開発・実証事業”について、自社が事業者として採択されたことを発表した。本事業は、IoTセンサデバイスによって農作物の情報を取得し、クラウド上で分析することにより、好適な栽培管理モデルを構築するものだ。

IoT

日本の株式会社スカイディスクは、福岡県の“農業IoTシステム開発・実証事業”について、自社が事業者として採択されたことを発表。同社は、IoTセンサデバイスや、IoT分析クラウドなどの開発・提供を行っている企業である。

“農業IoTシステム開発・実証事業”は、福岡県内の農業試験場で栽培されている、イチゴ及びトマトハウス内に、IoTセンサデバイスを設置し、取得したデータをAIにより解析することで、好適な栽培管理モデルを構築するものだ。これにより、農作物の高品質化や高収量生産、省力化を実現し、農業をさらに発展させることができるようになる。また、IoTセンサデバイスの通信には、次世代通信規格であるLoRaゲートウェイを利用し、データ保存や分析は、クラウド上で行われる。

skydisc

今回、事業者として採択された株式会社スカイディスクは、すでに宮古島において、IoTを活用したマンゴー栽培の実証実験を行っており、これらの実験を通して、気候変動に耐えられるようなハードウェア開発や、生体情報としての土壌水分データも取得できるような、センサの開発を行っていくとしている。

【デモサイト】 株式会社スカイディスク

広告