【日本】次世代カーサービスに向けて音声認識技術を活用

LINE株式会社は、自社のクラウドAIプラットフォーム“Clova”を活用した、車載機器とスマートフォンアプリの連携の可能性を検討すべく、トヨタ自動車株式会社と協業基本合意書を締結した。この協業は、スマートフォンアプリとクルマをつなげることで、音声エージェント等を利用した、新しいカーサービスを実現するためのものだ。

AI

日本のLINE株式会社は、自社が開発を進めるクラウドAIプラットフォーム“Clova”を活用した、車載機器とスマートフォンアプリの連携の可能性を検討すべく、トヨタ自動車株式会社と協業基本合意書を締結した。

“Clova”は、LINE株式会社が持つ、コミュニケーション技術や、豊富なコンテンツ・サービスを活用することで実現した、クラウドAIプラットフォームだ。今回の協業は、同サービスを、スマートフォンアプリとクルマがつながるためのオープンソースである、“Smart Device Link”において活用することで、音声エージェント等を利用した、新しいカーサービスを実現するためのものであり、2018年の商品化を目指して検討が行われている。
LINE

“Smart Device Link”では、各自動車会社が自社システムに合わせ、より安全に利用することが可能。トヨタ自動車株式会社が推進中。

【企業サイト】LINE株式会社

広告