【KEY】アメリカ eメールコミュニケーションは成功しているか?

eメールの重要性は認識されているが、eメールマーケティングの課題は何か、調査をした【アメリカ】eメールマーケティングの課題(SendGrid社)、課題に対する新しい対応【アメリカ】eメールの開封率をあげるAIと機械学習(SendPulse社)の、2記事を掲載。

eメール

【アメリカ】eメールマーケティングの課題

◆アメリカのSendGrid社は、eメールソリューションの課題について、同社が委託した調査結果を発表した。調査によると、マーケターは、顧客のライフサイクルにそって、パーソナライズされた体験を与えることを可能にする、eメールソリューションを強く求めていることが分かった。◆

アメリカのSendGrid社は、Forrester Consultingに委託した調査“Elevate Your Email Marketing With A Customized Approach”(カスタマイズされたアプローチでeメールマーケティングを向上させる)結果を、公表した。SendGrid社は、クラウドベースのカスタマーコミュニケーションプラットフォームを提供、eメールインフラ構築業界における有力企業。

この調査は、2017年3月に、アメリカとカナダの様々な業種の200に上る企業を対象に行われた。統合eメールマーケティングプラットフォームの採用と、顧客に対してパーソナライズされた対話をeメールで展開するための手法について焦点をあてている。調査では、8割以上の企業が、eメールが最も利用されるマーケティングチャネルだと答えているが、まだまだeメールを使いこなせていない現状が見えると、同社は話している。
sendgrid

3分の2にあたる企業が、セールス部門やマーケティング部門、サービスアプリなどからのデータを、eメールのシステム統合することはできていると、応えている。しかし、eメールによって、パーソナライズされたコミュニケーションを行うことはむずかしいと考える企業が4割に上る。そして、マーケターは、顧客に対して関連づけられた意味のある内容を持つeメールを送ることに、困難を感じている。顧客データへのアクセスは問題ないが、それらのデータをどのように意味のあるアクションに変えていくかが問題となっていることが分かる。

【企業サイト】SendGrid
【レポートサイト】Forrester Consulting Study – Elevate Your Email Marketing with a Customized Approach

 
 
 
 

【アメリカ】eメールの開封率をあげるAIと機械学習

◆アメリカのSendPulse社は、顧客に対するeメールキャンペーンの効果を向上させるために、自社プラットフォームに、新しくAIと機械学習技術を採用したことを発表した。新技術によって、eメールの配信と開封率が大きく改善されるという。◆

アメリカのSendPulse社は、同社のeメールプラットフォームにAI機械学習を採用し、パーソナライズドされた内容のeメール送信を可能にし、開封率を上げたことを発表した。同社は、eメールマーケティングソリューションを提供する。

現在、eメールサービスプロバイダーの多くは、受信者がeメールを開封する可能性が高い時間に、eメールを送ってはいない。それに対して、同社の新しい技術は、同社ユーザーのeメールを、受信者の受信ボックスのトップに入れる。受信者がeメールを読むその時間に、パーソナライズされた内容のeメールを配信するという。AIは、配信のタイミングを最適化する。また、eメールキャンペーンの配信にとどまらず、WEBやモバイルに対する通知やSMSのテキストメッセージ送信なども活用する。
SendPlus

同社の新技術は、多くの受信者データをもとに、受信者のプロファイルを作り出し、最も効果的なeメールコミュニケーションを可能にするという。AI機械学習テクノロジーによって、同社プラットフォームは、最適な時間に最適な方法でeメールを送り、開封率を伸ばすと考えられる。

【企業サイト】SendPulse

広告