【KEY】日本 クラウドで利用するサービス

【日本】営業日報の自動作成で情報共有を活性化(株式会社Oneteam)、【日本】クラウドで企業のメールセキュリティを強化(バラクーダネットワークスジャパン株式会社)、【日本】購入した雑誌を電子版でも閲覧可能に(株式会社ハースト婦人画報社)の3記事を掲載。

クラウドサービス

【日本】営業日報の自動作成で情報共有を活性化

◆日本の株式会社Oneteamは、情報共有を活性化させるコミュニケーションツール“Oneteam”と、営業支援ツール“Zoho CRM”との、サービス連携を発表した。これにより、“Zoho CRM”によって日々蓄積される、案件詳細や営業活動データを、営業日報として“Oneteam”に自動投稿することができるようになった。◆

日本の株式会社Oneteamは、情報共有を活性化させるコミュニケーションツール“Oneteam”と、ゾーホージャパン株式会社が提供する、営業支援ツール“Zoho CRM”との、サービス連携を発表した。株式会社Oneteamは、コミュニケーションツールの提供を手掛ける企業。

“Zoho CRM”は、業務の効率化を支援するための、様々なビジネスアプリケーション群を提供するサービスだ。今回、“Oneteam”と“Zoho CRM”が連携を行ったことで、“Zoho CRM”によって日々蓄積される、案件詳細や営業活動データを、営業日報として“Oneteam”に自動投稿することが可能になった。これにより、情報共有のために、同じような内容の文章を転載するといった、重複業務を無くし、営業行動の見える化を実現できる。
株式会社Oneteam
さらに、蓄積されたデータだけでなく、それに付随した上司や同僚からの質問・アドバイスなどを、社内で共有することも可能だ。同社は今後、売上予測の分析データを“Oneteam”上で表示するなどの、利用者の要望に合わせた機能を、順次開発していく予定であるとしている。

【企業サイト】株式会社Oneteam

 
 
 
 
 
 

【日本】クラウドで企業のメールセキュリティを強化

◆日本のバラクーダネットワークスジャパン株式会社は、メールのセキュリティを実現するクラウドサービス“Barracuda Essentials for Email Security”を、国内で提供開始することを発表した。同サービスを導入することで、コンプライアンスに対応したメールの保管や、情報漏えい対策、標的型攻撃などのセキュリティ機能を、クラウドベースで利用することができるようになる。◆

日本のバラクーダネットワークスジャパン株式会社は、メールのセキュリティを実現するクラウドサービス“Barracuda Essentials for Email Security”を、国内で提供開始することを発表した。同社は、クラウドに対応したセキュリティを提供する企業。

同サービスの特徴は、コンプライアンスに対応したメールの保管や、情報漏えい対策、標的型攻撃などのセキュリティ機能を、クラウドベースで利用することが可能な点だ。これにより、ハードウェアやソフトウェアのインストールを必要とせずに、包括的なセキュリティと、データプロテクションを実現することができる。また、“Office 365”に対応したバージョンである、“Barracuda Essentials for Office 365”の提供も同時に開始される。
バラクーダネットワークスジャパン株式会社
このサービスでは、URLプロテクションやマルウェア対策、DoS攻撃対策といった、近年において大きな脅威となっている攻撃を、防ぐための機能が備わっている。価格は年間2000円から。

【企業サイト】バラクーダネットワークスジャパン株式会社

 
 
 
 
 
 
 

【日本】購入した雑誌を電子版でも閲覧可能に

◆日本の株式会社ハースト婦人画報社は、自社の発行する全13誌の電子版を閲覧することができる、新プラットフォーム“マガジンクラウド”の提供を開始した。本プラットフォームは、同社が発行してきた全てのバックナンバー約500冊と最新号を、パソコンやスマホ、タブレットなど全てのデバイスで、閲覧することができるというものだ。◆

日本の株式会社ハースト婦人画報社は、自社の“婦人画報”、“ELLE(エル)”、“25ans(ヴァンサンカン)”、“Harper’s BAZAAR(ハーパーズ バザー)”、“メンズクラブ”など全13誌の電子版を閲覧することができる、新プラットフォーム“マガジンクラウド”の提供を開始した。同社は、ファッションやカルチャー、ウエディングなどに関する雑誌の発行と、デジタルメディアの運営を行っている企業。

新プラットフォームでは、同社が発行してきた全てのバックナンバー約500冊と最新号を、パソコンやスマホ、タブレットなど全てのデバイスで閲覧することができる。さらに、同社の定期購読者、及び雑誌の購入者は、追加費用なしで、手持ちの雑誌を電子版として読むことが可能だ。同社は今後、本プラットフォーム利用者の、閲読行動を分析することにより、読者の嗜好に合わせた、新たな商品やサービスの提案を行っていくとしている。
株式会社ハースト婦人画報社
同社では本プラットフォームのローンチを記念し、雑誌購入者の中から抽選で毎週100名に、購入した雑誌に加えて、電子雑誌の閲読権をもう1冊プレゼントする企画を実施中。キャンペーンは2017年7月31日まで。

【企業サイト】株式会社ハースト婦人画報社

広告