【日本】生産設備をビッグデータ分析するIoTサービス

フューチャーアーキテクト株式会社は、IoTプラットフォームサービス“Future IoT”の提供を開始。このサービスによって、生産設備や作業工程から収集したプロセスデータを、クラウド上で管理・分析することができる。さらにサービスを活用して、生産管理や品質管理の精緻なデータを解析し、品質や生産性の向上、そして、経営管理と迅速な意思決定が実現可能になる。

ビッグデータ

日本のフューチャーアーキテクト株式会社は、生産設備や作業工程からプロセスデータを収集し、クラウド上で管理・分析するIoTプラットフォームサービス“Future IoT”の提供を開始した。同社は、ITによる課題解決型のコンサルティングサービスを提供する企業。

同サービスは、生産設備をネットワークにつなぎ、生産管理や品質管理の精緻なデータを解析することで、品質や生産性の向上、そして、経営管理と迅速な意思決定を支援するものだ。さらに、同社が有する、豊富な実績と高い専門性を強みに、実装されたプラットフォームであるため、莫大なデータの処理を必要とする環境においても、安定したサービスの提供を実現している。これにより、生産工程の実態を見える化し、競争力の強化と収益の増加につなげることができる。
Future

また、クラウド上での統合管理と双方向のデータ連携により、精度の高い生産履歴管理も可能となっている。同社は、“Future IoT”を、業種業態を問わずサービスを提供するプラットフォームと位置付け、製造業だけでなく、様々な顧客向けにサービスを提供していくとしている。

【企業サイト】フューチャーアーキテクト株式会社

広告