【日本】MAツールで記事閲覧者を分析

株式会社オールアバウトは、マーケティング効果の最大化を目的に、自社が提供する“運用型コンテンツマーケティング”において、DMP内蔵型マーケティングオートメーションツールの導入を発表した。これにより、マーケティング施策の成果を一気通貫で可視化し、ユーザーが実際に購買や成約に至っているかを把握することができる。

ターゲット

株式会社オールアバウトは、マーケティング効果の最大化を目的とする、自社“運用型コンテンツマーケティング”において、DMP内蔵型マーケティングオートメーションツールの導入を発表した。同社は、総合情報サイト“All About”の運営を手掛ける企業。

“運用型コンテンツマーケティング”は、切り口が異なる記事型のネイティブ広告を複数制作し、配信結果から得られたデータをもとに、広告を最適化するソリューションだ。今回、本取り組みにおいて、マーケティング施策の成果を一気通貫で可視化するために、DMP内蔵型MAツールの導入を決定した。これにより、広告を閲覧したユーザーが、実際に購買や成約に至っているかを把握しづらいという課題を解決できる。
株式会社オールアバウト
MAツールを導入することで、購買検討者がよく読んでいる記事を配信し、それに対する反応から、検討度合のスコアリングとターゲットリストの作成が可能だ。MAツールについては、SATORI株式会社が提供する“SATORI”を導入予定であるとしている。

【企業サイト】株式会社オールアバウト

広告