【KEY】日本 チャットボットで自動応答

日本のアスクル株式会社の中小事業所向けオフィス通販サイトでのチャット型FAQ自動応答検索サービス【日本】自然言語で利用できるFAQ検索システム(イナゴ株式会社)、及びインターネット通販サービス“LOHACO”の人工知能型チャットボットの会話エンジン(りらいあコミュニケーションズ株式会社)を紹介。

チャットボット

【日本】自然言語で利用できるFAQ検索システム

◆日本のイナゴ株式会社は、自社の提供する自然対話型エージェントシステム“netpeople”が、アスクル株式会社が運営する中小事業所向けオフィス通販サイトの、チャット型FAQ自動応答検索サービスに採用されたことを発表した。これにより、バーチャルオペレーターがユーザーと会話をしながら、質問意図を理解し、適切な回答を提示することができるようになった。イナゴ株式は、AIを使ったHCIの技術開発・販売を手掛ける企業。◆

“netpeople”は、独自のゴール共有型会話機能、文脈把握技術、自然言語理解技術により、ユーザーの意図をくみ取り、積極的に質問をしながら、求められている情報を判断することができるシステムだ。これにより、従来のチャットボットのように、ユーザー側がシステムにあわせた質問を、考えなければならないといった課題を、解決することが可能になる。本システムを、Webサイトのチャット型FAQ自動応答検索サービスに採用することで、バーチャルオペレーターがユーザーと会話をしながら、質問意図を理解し、適切な回答を提示することができる。
イナゴ株式会社
また、同社では、一般向けサービスとして、アンドロイド端末用パーソナルアシスタントアプリケーション“mia”の提供も行っている。こちらは、天気予報や乗り換え案内、地域情報検索などを、音声入力で利用することができる。

【企業サイト】イナゴ株式会社

 
 
 
 
 
 

【日本】会話を学習するチャットボット

◆日本のりらいあコミュニケーションズ株式会社は、自然言語によって投げかけられた、複雑な質問を解釈するシステム“IBM Watson日本語版”を活用した、“バーチャルエージェント”の正式提供を開始した。これにより、問い合わせ履歴やオペレーターからのフィードバックを、効率的に学習させて、チャットボットやオペレーター支援システムの、短期間の導入を実現することができるようになった。同社は、国内企業向けにBPOサービスを提供する企業。◆

“バーチャルエージェント”は、人工知能を活用して自動で返答する対話システムだ。今回、本サービスに“IBM Watson”を活用したことにより、問い合わせ履歴やオペレーターからのフィードバックを、効率的に学習させて、チャットボットやオペレーター支援システムの、短期間の導入を実現することができるようになった。さらに、従来のシステムであれば、エンジニアが手動で分析・調整していた複雑な質問も、機械学習によって対応することが可能になった。
Relia

なお、“IBM Watson”を活用した本サービスの、ファーストユーザーは、アスクル株式会社である。同社が運営する、インターネット通販サービス“LOHACO”の、人工知能型チャットボットの会話エンジンとして採用している。

【企業サイト】りらいあコミュニケーションズ株式会社

広告