【アメリカ】eメール+パーソナライズしたテキストメッセージをTwilioで

アメリカのVision6社は、クラウドコミュニケーションプラットフォームであるTwilioを同社マーケティングプラットフォーム“Vision6”に組み込むことによって、同社ユーザーは見込み・既存顧客に対して、eメールとテキストメッセージを送りパーソナライズしたコミュニケーションを可能にした。

テキストメッセージ

アメリカのVision6社は、同社eメールマーケティングプラットフォーム“Vision6”にTwilioを組み入れ、顧客とのコミュニケーションにeメールとテキストメッセージを自動化して使えるようにした。同社は、マーケターや広告代理店のためのeメールマーケティングソリューションを提供。

テキストメッセージの開封率は99%と比べようもなく高いという調査もあるという。同社カスタマーは、SMSをeメールマーケティングのオートメーションシステムに組み込み、各種チャネルを通して簡単にコミュニケーションできるようになった。セールスやアポイントメント、イベントの詳細をリマインドするだけではなく、テキストメッセージは見込み客を顧客に変えることができるチャネルである。

eメールマーケティングはデジタルマーケティングチャネルの中で最もROIが高く、SMSはどのようなコミュニケーション形式よりも開封率が高い。両者が結びついて完全に自動化されれば、可能性はより高くなると、同社は考える。現在、標準的な顧客は一日に46回、スマートフォンを見てメールをチェックする。テキストメッセージはその緊急性によって、製品と顧客との間の、時間をムダにしたくないコミュニケーションにとって、役立つチャネルとなるとする。

【企業サイト】Vision6

広告