【アメリカ】eメールマーケティング分野は成長する

アメリカのTransparency Market Research社は、2017年~25年におけるeメールマーケティング国際市場についての調査レポートを発表、市場の成長と方向性について予測を発表。

eメールマーケティング

アメリカのTransparency Market Research (TMR)は、eメールマーケティングの国際市場についての同社調査レポートにおいて、2017年~25年、市場は細分化され競争が激化するという予測を発表した。同社は、ビジネス調査レポートやコンサルティングサービスを提供する国際的な企業。

IBM、Microsoft、Zoho、Epsion、Responsysといった主要企業が堅調で、各業界にソリューションやサービスを提供し、2016年市場全体のおよそ44%を占めている。どの企業も、技術開発への投資やソフトウェアやサービスにおけるイノベーションの戦略をとり、それによって市場における地位を強めている。ソリューションの技術的な優位性、ソリューションやサービス開発における調査研究活動に力を入れることに、今後も主要企業は重点をおいていくだろうと、調査は推測している。

Transparency

2017年~25年、国際市場は年平均成長率19.6%、2016年の221億6000万ドルから25年末までには45億1000万ドルからまで成長すると予想している。この期間もソフトウェアは市場の中心であり、カスタマイズできるホワイトラベルソフトウェアやサードパーティ製のスタンダードなソフトウェア、そしてウェブベースのアプリケーションソフトが増加する。

【企業サイト】Transparency Market Research

広告