【KEY】アメリカ・日本 セキュリテイを事前に、高度に

セキュリティに関するニュース・プレスリリースから、【アメリカ】世界と日本のITセキュリティを比較した調査(Thales e-Security)、【日本】Macの次世代セキュリティ技術を買収(エフセキュア株式会社)、【日本】Webサイトのセキュリティを定期診断(GMOクラウド株式会社)を掲載。

セキュリティ

【アメリカ】世界と日本のITセキュリティを比較した調査

◆アメリカのThales e-Security社は451 Research社と共同で、日本のデータ脅威に関するレポート“2017 Data Threat Report 日本エディション”を発表した。今回の調査によって、日本企業の半数以上が、ITセキュリティ投資の増額を検討している一方で、予算配分のミスマッチが懸念されるなど、国内におけるセキュリティの現状が明らかになった。同社は、鍵管理製品や暗号化製品を提供する、グローバル企業である。◆

この調査は、世界主要国における各業界のシニアエクゼクティブ1100名を対象に実施した調査結果をもとにしている。日本企業のITセキュリティプロフェッショナル100人を対象とした調査の回答にフォーカスし、アメリカの調査結果と比較しながらまとめたものだ。今回の調査では、日本企業の54%が、ITセキュリティ全般への投資を増やすと回答しており、前年の23%から大きく増加していることがわかった。一方で、日本企業は、コンプライアンス要件を重視しているにも関わらず、データ漏洩防止に効果的であると考えている回答者はわずか44%で、アメリカの64%やドイツの58%と比べて、低い傾向にあることが明らかになった。

THALES

また、効果的なセキュリティ対策と、予算配分におけるミスマッチも懸念される。保存データのセキュリティ対策では、回答者の63%が、データ保護において最も効果的と評価しているにも関わらず、実際に予算を増加する予定があるとした回答者は、わずか27%に留まるなど、複雑な問題が浮き彫りになる結果となった。

【関連サイト】2017 Thales Data Threat Report

 
 
 
 
 
 

【日本】Macの次世代セキュリティ技術を買収

◆日本のエフセキュア株式会社は、Macに対する、最も高度なセキュリティ技術として評価されている“Little Flocker”を、アプリケーション開発者から買収したことを発表した。これにより、同社は、“Little Flocker”のコアテクノロジーを取り入れ、洗練されたゼロデイ攻撃検出能力を提供することができる。同社は、あらゆる脅威から企業や個人ユーザーを守ることを標榜するサイバーセキュリティ企業。◆

“Little Flocker”は、高度なビヘイビアベースの分析機能により、機密ファイルやシステムリソースにアクセスしようとするアプリケーションから、Macを保護するサービス。今回、同社は“Little Flocker”の次世代型セキュリティエンジンを、自社の新しい“XFENCE”技術として提供する。これにより、“Little Flocker”のコアテクノロジーを取り入れ、既存製品のサイバーセキュリティ機能をさらに拡張し、洗練されたゼロデイ攻撃検出能力を提供することができる。

エフセキュア株式会社
同社は、Macにおけるセキュリティの現状について、組織に侵入しようとする攻撃者にとっては、魅力的なエントリーポイントになっていると指摘する。“Little Flocker”の技術を活用することは、現代の敵からの感染防止が目的であると述べた。

【企業サイト】エフセキュア株式会社

 
 
 
 
 
 

【日本】Webサイトのセキュリティを定期診断

◆日本のGMOクラウド株式会社は、法人向けクラウドサービスのポータルサイト“SaaStart”において、ワンショット型のセキュリティサービス“Webセキュリティ診断”の提供を開始した。これにより、Webの改ざんや情報流出を、未然に防ぐための定期診断が可能になる。同社は、クラウド事業を中心としたITインフラ提供を行う企業。◆

“Webセキュリティ診断”は、同社が提供する各種クラウド・ホスティングサービスの利用者を対象に、Webサイトの脆弱性診断やマルウェア検知を1回あたり10000円で実施することができるサービス。これにより、Webの改ざんや情報流出を、未然に防ぐための定期診断が可能となる。さらに、信頼ある第三者による診断報告書を、記録として残したいというニーズをもとに、診断報告書の作成・提出までを行う。
GMOクラウド株式会社
緊急性の高い脆弱性やマルウェアが検知された場合は、診断報告書提出前であっても、問題点を速報レポートとして直ちに受け取ることができる。高度なセキュリティの知識を持たずとも、Webサイトの安全性を確認することが可能だ。

【企業サイト】GMOクラウド株式会社

広告