【日本】生産現場でビッグデータを活用

日本のサイバネットシステム株式会社は、産業用ビッグデータの可視化ツール“BIGDAT@Viewer”と、産業オートメーションのトータルソリューション“Wonderware”の連携を実施。これにより、“Wonderware”によって蓄積された、操業現場のビッグデータを対象に、“BIGDAT@Viewer”で分析を行い、データの相互関連性をマップ化する、といった活用が可能になった。

ビッグデータ

日本のサイバネットシステム株式会社は、キヤノンITソリューションズ株式会社と提携し、産業用ビッグデータの可視化ツール“BIGDAT@Viewer”と、産業オートメーションのトータルソリューション“Wonderware”の連携を実施した。サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算や産業などの、様々な専門分野のサポートを手掛ける企業。

“BIGDAT@Viewer”は、直感的なインターフェースと簡単な操作性により、統計解析や多変量解析といった高度な専門知識を必要とせずに、ビッグデータの可視化・分析を行うことができるツールだ。今回の提携により、キヤノンITソリューションズ株式会社が提供する“Wonderware”によって蓄積された、操業現場のビッグデータを対象に、“BIGDAT@Viewer”で分析を行い、データの相互関連性をマップ化する、といった活用が可能になった。
サイバネットシステム株式会
本ツールを、工場などの生産現場で利用することで、生産ラインにおける問題の早期原因究明や、生産性の向上を支援するソリューションの導入につなげることができる。さらに、熟練技術者の経験を共有するなど、より精度の高い予知保全を実現することが可能だ。

【企業サイト】サイバネットシステム株式会社

広告