【アメリカ】セールス担当者の退職についての調査

アメリカのXactly社は、同社がスポンサーとなったセールスマネジメント協会によるセールス担当者の退職についての調査結果を発表した。調査結果から、退職が多い理由と、企業が何をすべきかを明らかにしている。

セールスマネジメント

アメリカのXactly社は、セールスマネジメント協会によるセールス担当者退職についての調査結果を発表した。同社は、営業の報酬やインセンティブを管理するためのソリューションをクラウドベースで提供する。

調査によって、セールス部門の退職率を低め業務成績を上げるためには、コーチング、トレーニング、能力開発に企業が力を入れるべきだということが明らかになった。セールス部門における退職の理由は、セールス業務についての能力開発と、給与アップとを希望してが多いという。報酬は重要であるが、報酬だけではない魅力が必要だということが分かり、企業はセールス担当者の能力開発にもっとコストをかけるべきであると考えられる。

Survey

多くの企業が、新人セールス担当者の成功率に不満を抱いているが、セールスの成績はトレーニングやコーチングの実施と関連している。セールス部門のマネジメントによって、退職率を下げ成績を改善できることを、調査は示している。

【企業サイト】Xactly
【協会サイト】The Sales Management Association

広告