【KEY】日本 情報を共有する技術

情報の共有が必要でありながら、その情報が見えない、時間と場所の違いなどから共有できないといった問題について、【日本】営業の状況をスマホで地図共有(レッドフォックス株式会社)、【日本】中小規模事業所向けの業務ソリューション(富士ゼロックス株式会社)、【日本】スマホで客室の清掃状況を共有(株式会社オフィス24)、【日本】予約システムの機能を充実(クービック株式会社)を掲載。

情報可視化

【日本】営業の状況をスマホで地図共有

◆レッドフォックス株式会社は、自社の提供する位置情報活用SFAツール“cyzen”が、食に特化した広告代理事業を手掛ける、株式会社ルートアンドアクティベーションに採用されたことを発表した。これにより、どの営業がどこの飲食店に営業をしているか、などの情報を瞬時に把握することができるようになった。レッドフォックス株式会社は、営業やメンテナンスの支援を行う企業。◆

“cyzen”は、営業の顧客対応状況を、スマートフォンの地図上で即時共有することができるサービスだ。同サービスは、特別な知識が無くとも、10分程度で初期設定ができることに加え、営業先からスマートフォンで業務報告ができるのが特徴だ。今回、“食べログ”や“ヒトサラ”などの代理店事業を中心に展開する、株式会社ルートアンドアクティベーションへ、本サービスの導入が決定したことで、同社が抱えていた、どの営業がどこの飲食店に営業をしているか、などの情報を把握できないという課題を、解決することにつながった。

redfox
同サービスは、広告代理店だけでなく、医療やコンビニ、警備保障など、様々な分野で導入が行われている。株式会社ルートアンドアクティベーションは、今後も本サービスを活用して、営業受注の20%アップと、サービス継続率の向上、そしてクレームゼロを目指していくとしている。

【企業サイト】レッドフォックス株式会社

 
 
 
 

【日本】中小規模事業所向けの業務ソリューション

◆日本の富士ゼロックス株式会社は、中小規模事業所を対象に、クラウド型Webデータベース“kintone”を活用した、新たな業務ソリューションを提供開始した。これにより、問い合わせ管理、購買見える化を、中小規模事業所で実現することが可能になった。同社は、主にオフィス向けのサービスを手掛ける企業。◆

“kintone”は、サイボウズ株式会社が提供する、用途にあわせてWebデータベース型の業務アプリを構築できる、クラウドサービスである。富士ゼロックス株式会社は、同サービスに、独自の業務ノウハウをテンプレートとして提供することで、費用や担当者が限られる中小規模事業所でも導入しやすい、業務ソリューションを提供している。今回、新たに追加された、問い合わせ管理ソリューションでは、過去の問い合わせ履歴や対応状況を管理・共有し、対応品質の均一化を行うことができる。

FUJI

また、購買見える化ソリューションでは、購買プロセスの管理、申請から検収までの業務フローをシステム化することにより、購買プロセスやコストの見える化、そして購買ルールの徹底につなげることができる。これにより、業務の効率化や、コスト改善のPDCAが実現可能だ。

【企業サイト】富士ゼロックス株式会社

 
 
 
 
 
 
 
 
 

【日本】スマホで客室の清掃状況を共有

◆日本の株式会社オフィス24は、ホテルや旅館の運営者を対象に、スマートフォンやタブレット、ルームインジケーターで客室の清掃管理情報を、共有できる、客室清掃管理システム“MOT/Hotel Lite”の提供を開始した。同サービスを利用することで、内線電話で行っていた報告や連絡を、スマートフォンのアプリを使って手軽にリアルタイムに行うことができる。同社は、情報機器やソフトウェアの製造・販売を手掛ける企業。◆

客室清掃管理システム“MOT/Hotel Lite”は、特別な機器や設備を必要とせずに、清掃管理情報を確認・報告することができるシステムだ。従来であればフロント側、メイク側が内線電話で行っていた報告や連絡を、スマートフォンアプリでリアルタイムに行うことができる。また、導入・管理コストが高額で操作もむずかしい清掃管理機能を使う必要がない。これにより、全体的な清掃時間の短縮が可能だ。また、スマートフォンを内線電話として利用することで、電話帳で内線番号を管理する機能も搭載している。
株式会社オフィス24
価格は初期費用10万円だが、キャンペーン中は49800円。月額費用は、管理用の基本料金が1000円。1アカウントにつき追加料金が500円。

【企業サイト】株式会社オフィス24

 
 
 
 
 
 
 

【日本】予約システムの機能を充実

◆日本のクービック株式会社は、同社予約システム“Coubic(クービック)”に、レビューとアンケートカスタマイズという新たな2機能を追加したことを発表。新機能によって予約システム利用企業は、予約前後に顧客との接点を増やすことが可能になるという。同社は、「人とビジネスが簡単につながる」をミッションに各種インターネットサービスを提供。◆

同システムは、現在、幅広い業種で、採用説明会、試乗会などの予約に活用されている。レビュー機能により、予約後に客が感想や評価を書き込み、他の利用者がそれを閲覧できるようになる。また、アンケートカスタマイズ機能は、予約時にアンケート記入・収集し、その内容を来店時のスムーズなサービス提供につなげる。

Cubic

アンケートは、最大20個まで設定可能で、回答形式はフリー記述、プルダウン、ラジオボタン、チェックボックスより選択する。回答内容は、顧客情報ページの予約状況に自動追加される。“Coubic”には、フリープラン、ベーシックプラン、プレミアムプランの3種類があり、このカスタマイズ機能はプレミアムプランでのみ利用可能。

【企業サイト】クービック株式会社

広告