【アメリカ】セールス部門はマーケティング部門の指示を仰ぐ?

アメリカのZINFI Technologies社は、B2Bマーケティングとセールスの変化についてのeBook”New World of B2B Marketing and Selling: Why Sales Should Report to Marketing. “を同社サイトで無料ダウンロードできることを発表した。

UCM

アメリカのZINFI Technologies社は、無料でダウンロードできるeBook“New World of B2B Marketing and Selling: Why Sales Should Report to Marketing.”を発表。同社は、SaaSでUCM(統合チャネル管理)のオートメーションプラットフォームを提供。同社のUCMプラットフォームは評価が高く、個別のPRM、CMM、CSMプラットフォームを連続的に統合する。

購買・販売プロセスがデジタル化することによってB2Bマーケティング・セールスの方法も変わってきた。大手リサーチ分析企業によると、多くのバイヤーが購買にほぼオンラインのみを利用しているという。同書は、購買・販売プロセスすべてをマーケティングがどのように動かしているか、どのようにセールス担当者は情報を得て成約をとるかを理解するためのガイドであると、同社はいう。このガイドは、セールス・マーケティング部門を対象として、B2Bの変化についてのインサイトを提供する。

Zinfi

タイトルの「なぜ、セールス部門はマーケティング部門の指示を仰ぐか」は、B2BマーケティングはB2Bセールスを支配するという同社の考えを示している。多くのケースにおいてバイヤーは、購買プロセスにおいて全くセールス担当者と会話をかわすことすらない。バイヤーや顧客との契約環境が完全にデジタルになるに従って、マーケティングがセールスを主導していくという意味を、同書は説明している。

【関連サイト】ZINFI Technologies

広告