【日本】クラウドで高品質なレストラン予約を実現

オープンテーブル株式会社は、自社の提供するクラウド型レストラン管理サービス“GuestCenter”に、大幅なアップデートを加え、大人数のグループ対応や、特定のスケジュール設定などの機能を追加した。これにより、予約の際に、バーの席やハイテーブル席、カウンター席といった、幅広い選択肢から座席を選ぶことが可能になった。

ホスピタリティ

日本のオープンテーブル株式会社は、自社の提供するクラウド型レストラン管理サービス“GuestCenter”に、大幅なアップデートを加え、大人数のグループ対応や、特定のスケジュール設定などの機能を追加した。同社は、オンラインによるレストラン予約サービスを提供する企業。

レストラン運営を支援する本サービスでは、リアルタイムな空席情報を知らせたり、効率的な予約管理を実現することができる。今回のアップデートにより、加盟レストランは、従来の座席種類とは違った座席の予約が可能となり、バーの席やハイテーブル席、カウンター席といった、幅広い選択肢から座席を選ぶことが可能になった。さらに、時間帯ごとの予約可能数の設定や、ピーク時間とオフピーク時間に合わせた予約管理を提供するなど、より効率的なレストラン支援を実現している。
オープンテーブル株式会社
また、本サービスでは、レストランのサービスを最適化し、データ分析に基づいた運営を行えるよう開発されており、個々のレストランに合わせたカスタマイズが可能だ。本サービスの利用には、PCだけでなく、タブレットも対応している。

【関連サイト】オープンテーブル株式会社

広告