【日本】クラウドで注文住宅の提案を最適化

日本オラクル株式会社は、株式会社東急ホームズが、営業の負荷軽減と生産性向上を目的に、マーケティング・オートメーション製品“Oracle Marketing Automation”の利用を、開始したことを発表した。本サービスを導入したことにより、自社Webサイトを通して資料請求を行った顧客の、興味関心が高まったタイミングで、最適な提案を行うことができるようになった。

オートメーション

日本の日本オラクル株式会社は、株式会社東急ホームズが、営業の負荷軽減と生産性向上を目的に、マーケティング・オートメーション製品“Oracle Marketing Automation”の利用を、開始したことを発表した。同社はクラウド製品の提供企業。

注文住宅や住宅リフォーム事業を展開している株式会社東急ホームズでは、住宅展示場に来場せずに、自社のWebサイト上で情報収集を行う顧客に対して、適切なタイミングで適切な情報を提供することが、課題となっていた。そこで今回、本サービスを導入したことにより、自社Webサイトを通して資料請求を行った顧客の、興味関心が高まったタイミングで、最適な提案を行うことができるようになった。さらに、メール案内を自動化することで、顧客との継続的なコミュニケーションを実現している。
日本オラクル株式会社
営業担当者は、本サービスによって得られたオンライン行動情報により、興味関心の度合いが低い顧客に対し、定期的な情報発信が可能となる。

【企業サイト】日本オラクル株式会社

広告