【KEY】日本 ネットリサーチサービスによる実態調査

株式会社ジャストシステムが、ネットリサーチサービス“Fastask”を利用して行った二つの実態調査、【日本】MAツールの選定は費用重視の傾向、【日本】SNS広告の実態調査を掲載。

ネットリサーチ

【日本】MAツールの選定は費用重視の傾向

◆株式会社ジャストシステムは、ネットリサーチサービス“Fastask”を利用して実施した、マーケティングオートメーション利用実態調査の結果を発表した。調査の結果、利用者はツールの知名度よりも、費用に注目しているといった、MAに関する利用者の傾向が明らかになった。◆

日本の株式会社ジャストシステムは、同社が運営するネットリサーチサービス“Fastask”を利用して実施した、マーケティングオートメーション利用実態調査の結果を、“Marketing Research Camp”にて公開した。同社は、ソフトウェア開発をはじめ企業・個人向けの様々なサービスを提供している企業。

本調査は、マーケティングや市場調査、分析の職種に従事している男女541名を対象に、MAツールの利用について質問したものだ。調査の結果、MAツールを選定する際に重視している事項について、最も多かった回答は、月額費用だった。さらに、次点では初期費用が挙げられており、利用者はツールの知名度よりも、費用に注目しているということが明らかになった。また、MAツール認知度では、“Pardot”が59.4%で最も多く、2位は“SATORI”の54.5%という結果となった。
JustSNS

その他にも、MAツールの導入状況や、担当者がよく使う機能といった、MAに関する様々な調査データが、集計データとして全16ページにまとめられている。
“Marketing Research Camp”から無料でダウンロード可能。

 
 
 
 
 

【日本】SNS広告の実態調査

◆株式会社ジャストシステムは、SNS広告に関する実態調査を、ネットリサーチサービス“Fastask”を利用して実施した。調査の結果、現在最も使われているデジタルマーケティング手法はバナー広告で、最も利用されているSNS広告はFacebook広告であることが分かった。◆

日本の株式会社ジャストシステムは、SNS広告に関する実態調査を、ネットリサーチサービス“Fastask”を利用して実施した。その結果を、マーケティングリサーチに関する情報サイト“Marketing Research Camp”にて公開した。本調査は、企画やマーケティング、広報担当者など20~50代の男女596名を対象に実施されたものだ。

調査の結果、現在最も使われているデジタルマーケティング手法は、バナー広告であることがわかった。また、SNS広告に関しては、最も利用されているものはFacebook広告の69.7%で、次いでTwitter広告が50.5%、LINE広告が46.5%だった。一方で、SNS広告の満足度では、Twitter広告が最も高く、今後注力したいSNS広告では、1位がLINE広告、2位がInstagram広告という結果となった。
JustSNS

本調査では、リスティング広告やネイティブ広告の利用率といった、マーケティングに関する集計データを、全45ページの調査結果レポートにまとめている。

レポートは“Marketing Research Camp”で無料ダウンロード可能。

【企業サイト】株式会社ジャストシステム

広告