【KEY】アメリカ・日本 顧客行動・消費行動の分析

Brightcove社が動画解析をHubSpot社プラットフォームに組み込む、【アメリカ】動画の視聴実績から顧客を分析(Brightcove社)、高性能なネットワークカメラを運用を可能にする【日本】IoTカメラとクラウドで顧客を分析、消費活動の今を知る【日本】クレジットカードの決済情報を統計化を紹介。

クラウド

【アメリカ】動画の視聴実績から顧客を分析

◆アメリカのBrightcove社は、リーディング企業であるHubSpot社のプラットフォームに、自社の動画解析を直接組み込み、シームレスな統合を実現すると発表した。これにより、ある動画を25%だけ視聴したリードよりも、75%を視聴したリードに高いスコアリングを行い、動画内容にもとづく個別のフォローアップメールを、送信するといったことが可能になる。◆

アメリカのBrightcove社は、リーディング企業であるHubSpot社のプラットフォームに、自社の動画解析を組み込み、解析結果にもとづくフォローアップが可能になることを発表。Brightcove社は、動画用クラウドサービスの世界的な大手プロバイダー。

今回の提携は、詳細な視聴データを自動的にコンタクトと結びつけ、リードスコアリングの強化やレスポンスの自動化、そして動画内フォームでのリード獲得を行うためのものだ。これにより、動画の視聴実績から最も有望な見込み客を絞り込み、優先順位をつけ、トラッキングすることができる。例えば、ある動画を25%だけ視聴したリードよりも、75%を視聴したリードに高いスコアリングを行い、動画内容にもとづく個別のフォローアップメールを送信することが可能になる。

Brightcove

動画のトラフィックは、2020年までに、コンシューマーのインターネットトラフィック全体の82%に達する見通しとなっている。Brightcove社は、他のマーケティングツールに、動画の視聴データを取り込める環境を開発中であるとしている。

【企業サイト】Brightcove

 
 
 
 
 

【日本】IoTカメラとクラウドで顧客を分析

◆セーフィー株式会社は、ネットワークカメラの世界的大手であるアクシスコミュニケーションズ社の、カメラ約200種に対応する、クラウド映像プラットフォーム“safie”の提供を開始した。これにより、大掛かりな工事をすることなく、カメラを設置するだけで、高性能なネットワークカメラを運用することができるようになった。◆

日本のセーフィー株式会社は、ネットワークカメラの世界的大手であるアクシスコミュニケーションズ社の、カメラ約200種に対応する、クラウド映像プラットフォーム“safie”の提供を開始した。同社は、本サービスによるクラウド録画・映像管理を支援する企業。

本サービスは、アプリによる簡単なカメラ管理で、HD画質の映像保存や、リアルタイム視聴を実現するクラウド映像プラットフォームだ。今回、本サービスを、世界最先端のクラウド型IoTカメラに対応させたことにより、大掛かりな工事をすることなく、カメラをただ置くだけで、高性能なネットワークカメラを運用することができるようになった。また、クラウドによる映像管理を行うため、他事業者や他サービスとの連携も容易に可能だ。
セーフィー株式会社
さらに、小売・サービス業における本サービスの活用事例として、カメラでカウントした来店者数と購買者数から、購買率を算出するといったシステムも実現している。価格は、BtoC向けプランが月額0円から、BtoB向けプランが月額1200円からとなっている。

【企業サイト】セーフィー株式会社

 
 
 
 
 

【日本】クレジットカードの決済情報を統計化

◆株式会社ジェーシービーは、株式会社ナウキャストと提携し、クレジットカード会員の属性や決済情報などの、ビッグデータを活用した消費統計サイト“JCB消費NOW”を公開した。これにより、消費活動を素早くで知ることができ、マーケティングなどの分析業務を、向上させることが可能だ。◆

日本の株式会社ジェーシービーは、株式会社ナウキャストと提携し、消費統計サイト“JCB消費NOW”を公開した。クレジットカード会員の属性や決済情報などのビッグデータから消費活動の現在をつかむ。株式会社ジェーシービーは、国際カードブランドを運営する、日本唯一の企業である。

本サービスは、情報提供に同意したJCBグループ会員の、属性や決済情報を、個人が特定できないよう統計化し、消費指数としてサイトで公開するものだ。これにより、消費活動を素早く知ることができ、マーケティングや経営戦略、さらには行政機関における、分析業務の精度を向上させることが可能となる。また、クレジットカードで実際に決済された情報を基に開発しているため、業種や販売形態別に、消費活動を把握することができる。
株式会社ジェーシービー
消費指数の公開時期は、2017年5月頃を予定しており、サービス開始当初における統計は6種類程度となっている。指数の種類については今後、年代・都道府県別などの切り口を追加していくとのこと。費用に関しては無料、閲覧には会員登録が必要。

【企業サイト】株式会社ジェーシービー

広告