【KEY】日本 膨大なデータから必要な情報を取得する

企業の財務情報や取引情報、製品やサービスについてのニュースやプレスリリースなど、膨大なビジネス情報をインターネットを通して入手できる。「膨大な」ではなく自社にとって有益な情報だけをどのようにして選択的に収集するか、そしてその情報を何につなげていくかなど、情報を収集・提供するサービスの利用も必要となってくる。

情報収集

【日本】企業の発信情報をリアルタイムで収集

◆日本の株式会社インフォマートは、企業が発信するニュースリリースや適時開示情報などを取得できる、無料の情報収集ツール“BtoBプラットフォーム 業界チャネル”をリリースした。本サービスでは、企業が直接発信する情報をリアルタイムに取得し、迅速な情報収集が可能となる。◆

株式会社インフォマートは、企業が発信するニュースリリースや適時開示情報、展示会情報などを、タイムリーに取得できる、無料の情報収集ツール“BtoBプラットフォーム 業界チャネル”をリリースした。同社は、BtoBプラットフォームの運営を行っている企業。
本サービスの特徴は、動向を把握したい業界や企業を登録することで、関連情報を自動でリスト化でき、タイムラインとして確認できる点だ。これにより、企業が直接発信する情報をリアルタイムに取得し、各企業のWebページをチェックする手間もかからず、迅速な情報収集を実現できる。また、特にチェックしておきたい企業に対しては、取引先、販売先、見込、競合に振り分けて登録することで、該当企業の新着ニュースをリスト別に取得できる機能も利用可能だ。
株式会社インフォマート
同社は、今後の追加機能として、市場規模の推移、バリューチェーン、業界としての将来展望等を把握することができる“業界レポート・企業ダッシュボード”のリリースを予定している。

【企業サイト】株式会社インフォマート

 
 
 
 
 
 

【日本】企業データベースから販売ターゲットを分析

◆日本の株式会社東京商工リサーチは、潜在顧客としてのポテンシャルが高いターゲットをリストアップするサービス“アカウント・ベースド・プロファイリング”をリリースした。本サービスは、入力された売上規模と業種をもとに、販売先の特徴を分析し、見込み度の高い企業を抽出するサービス。◆

株式会社東京商工リサーチは、同社の保有する企業DBをもとに、潜在顧客としてのポテンシャルが高いターゲットをリストアップするサービス“アカウント・ベースド・プロファイリング”をリリースした。同社は、国内300万社の情報を保有する信用調査会社。

本サービスは、入力された売上規模と業種をもとに、販売先の特徴を分析し、同社の保有する日本国内全ての企業データベースから、見込み度の高い企業をリストアップするサービスだ。これにより、ターゲット企業の選定や、新規開拓営業において高い効果を発揮する。分析の際には、データベースを、売上規模と業種に基づく5076種類のセグメントに分割するため、新市場への進出や、販売実績が少ない商材の場合でも、販売先の企業属性を分析することが可能だ。
株式会社東京商工リサーチ
また、既に数百社との取引がある商材の場合は、利用者の持つ優良顧客リストをもとに、より精度の高い分析を実現できるサービス”企業情報プロファイリング”も提供されている。

【企業サイト】株式会社東京商工リサーチ

広告