【KEY】日本 ビッグデータ分析を可能にするサービス

ビッグデータ分析の必要性が高まり、どのように分析するかが大きな課題となっている。分析するための環境をいかに構築するか、どのようなサービスを利用するか、選択肢も増えてきている。

ビッグデータ

【日本】AIを活かしたビッグデータ分析で営業力を強化

◆日本のフリービット株式会社は、機械学習・AI導入支援パッケージ“freebit AIラボ”のサービス開始を発表した。これにより、効果的なマーケティングが期待できる。◆

日本のフリービット株式会社は、経営やマーケティングを強化したい企業向けに、機械学習・AI導入支援パッケージ“freebit AIラボ”のサービス開始を発表した。これは、誰もが手軽に高度なビッグデータ解析を通じて問題解決策ができるようにするためのものだ。

近年、モバイル端末やIoTの利用者が増え、ビッグデータ解析による新しい顧客サービスへの需要が高まっている。このサービスの特徴は、R&D部門を中心に同社の有する特許技術とクラウド技術の運用ノウハウなどを使い、企業のビッグデータ活用について、開発から運用までをパッケージ化してサポートしてくれる点だ。パッケージには、データ収集・蓄積のためのインフラ整備、ネットワーク、セキュリティ、そしてマーケティングやコンサルティングが含まれている。これによって、利用者は低コストかつ短時間で質の高いビッグデータ分析結果を手に入れ、効果的な戦略を立てることができる。
フリービット株式会社
同社は、最先端テクノロジーを活かし、市場のニーズを先取りするネットワークサービスを展開してきた。今後も“IT時代のものづくり”を合言葉に新しいサービスを提供して行く予定とのこと。

【企業サイト】フリービット株式会社

 
 
 
 
 
 

【日本】ビッグデータ解析環境をフルサポート

◆アイレット株式会社とインフォテリア株式会社は、本格的なビッグデータ解析環境と運用サポートを提供するサービス“データ分析基盤構築サービス”の提供を発表した。解析においては、ノンプログラミングでデータ連携・変換が可能となっている。◆

日本のアイレット株式会社は、インフォテリア株式会社と提携し、本格的なビッグデータ解析環境と運用サポートを提供するサービス”データ分析基盤構築サービス”の提供を発表した。同社は、主にクラウド導入事業やモバイルアプリケーション開発事業を行っている企業。

本サービスは、アイレット株式会社が提供している、AWSのフルマネージドサービス”cloudpack”と、インフォテリア株式会社の企業データ連携製品“ASTERIA”シリーズとの連携によって実現したものだ。両社のサービスを組み合わせた本サービスでは、“Amazon Redshift”を利用したビッグデータ解析環境が提供される。企業内システムとのデータ連携には“ASTERIA WARP”を活用することで、ノンプログラミングでデータ連携・変換を可能としている。
アイレット株式会社
本サービスは、2017年1月23日から“cloudpack”より提供が開始される。価格は月額23万円から。

【企業サイト】アイレット株式会社

 
 
 
 
 
 

【日本】データ分析を専門とするクラウドソーシングが登場

◆日本の株式会社ADDIXは、企業のマーケティングや宣伝の担当者向けに、2017年1月19日よりデータ分析を専門とするクラウドソーシング“FARO CONSULTING”の提供を開始した。これは、Webサイトのパフォーマンスを専門のコンサルタントが分析、課題や改善点についてレポート化するまでを短時間かつ低価格で行えるようにするものだ。◆

Webマーケティングにおけるデータ分析は近年ますます重要性を増しているが、これまでは担当者の知識不足や高額な外部委託料金などが障害になっていた。このサービスの特徴は、専門家による本格的な分析に基づく課題や改善点が明記されたレポートを業界相場よりも大幅に安く手に入れられる点だ。また、オプションメニューとして、1つのサイトの分析を複数のコンサルタントから受けることもできる。さらに、レポーティングツール“FARO REPORT”とセットで使えば、分析レポートの自動ダウンロードが可能だ。
株式会社ADDIX
料金プランは、6ヶ月からの継続プランが毎月税抜き30000円、単発利用で1ヶ月税抜き35000円だ。オプションサービスは、コンサルタントを1人追加するごとに1回25000円。

【企業サイト】株式会社ADDIX

広告