【ベルギー】製造業のための新しいVRトレーニングツール

EUの研究共同体EIT Digitalは、製造業の現場で安全性を高め無駄を減少しコスト削減を目指すための、Handcode project”と名付けられたVRトレーニングツールの開発を協力企業2社と共に始めた。

VR開発

EUのバーチャル・ネットワーク型の大学院であるEuropean Institute of Innovation and Technology(欧州イノベーション工科大学院、欧州工科大学院などに訳される)における、Knowledge and Innovation Communities(KICs)と呼ばれる研究共同体であるEIT Digitalは、協力企業2社と共にVRトレーニングツールの開発に着手している。

製造業の研修アプリケーションにおいて、VR環境はコストや安全性の問題から実際に現場では体験できない研修内容を実現する。受講するスタッフは安全に低予算のもと3D環境で研修を受けることができると開発計画担当者は話している。
開発計画の中心は‘Virtual Grasp’テクノロジーである。人間が「手で何かをつかむ」というよくある動作を解明するところから始まっている。これまではこわばった動きや制限された動きになっていたが、このテクノロジーはパラメーターを変化させて自然で自由な動きを作り出す。

EIT

開発チームは、VRは従来ゲームで使われてきたが、製造業における問題を解決する大きな可能性があると考えている。そのために、機械を実際にインタラクティブに動かしているようにする必要があり、開発は製造業における研修のソリューションとなることを確信している。一般的なレバーを引く、ボタンを押すなどの動きを研修させることが予定され、今年中にパイロット版の完成が見込まれている。

【関連サイト】EIT Digital

広告