【イギリス】デジタル化(Digital Transformation)市場予測

イギリスのReportBuyer社は、発売を開始したデジタル化市場(Digital Transformation Market)についての調査分析予測レポートの紹介を発表した。IoTの需要が高まりモバイル機器やアプリが普及がデジタル化市場を成長させるという。

デジタル化

イギリスのReportBuyer社は、業界や主要企業、ソリューション及び今後の技術革新、地域特性、成長要因、ビジネス機会などを内容とする、デジタル化市場調査分析予測レポートについて紹介。同市場規模は2015年では1480億ドル強であったが2021年までには3920億ドル強に成長、年平均成長率は18.7%が見込まれている。同社は、大手出版社が提供する様々な市場調査を配信する企業。

大手から中小まで各企業は、自社のマーケティングにおいて、利益や特定市場への浸透を分析し欠落を見出すことに力を入れている。そのためにデジタル化が求められ、PCからでもモバイル機器からでも必要なソフトにアクセスすることが可能になるクラウド展開が、2021年までのデジタル化市場の大きな部分となると考えられる。クラウドデジタル化は容易であり、コストも少なく、アップグレードが楽であり初期投資なども少ない上に、柔軟性は高い。

またこの期間、テクノロジーの進歩、モバイルアプリユーザーの増加、ビッグデータ分析などの要因からAPAC市場において高成長が予想されている。中でもeコマースの拡大、ソーシャルメディアの急成長が進む中国が、デジタル化革新の主軸となっていく。

企業規模が小さい、ソフトをワンライセンスで契約しているなどの企業は予算上の理由からこのクラウド展開を選んでいる。市場のマイナス要因は、デジタル化のプラス点に対する理解不足である。

【企業サイト】ReportBuyer

広告