【日本】IoTベンチャー企業の産業別の実態調査

日本のアスタミューゼ株式会社は、各産業におけるIoTベンチャー企業の動向についての調査を行った。これによると、全体的にIoTベンチャー企業の数は増加しているが、その中でも“医療・ヘルスケア”が大きく伸びていることが分かった。

企業調査

日本のアスタミューゼ株式会社は、自社が有する世界190か国の企業データベースを基に、各産業におけるIoTベンチャー企業の動向についての分析調査を行った。これは、次世代の基幹技術として拡大するIoT市場に進出しようとする企業にとっての重要な参考資料である。

今回の調査によると、2006年から2010年と、2011年から2015年のIoTベンチャー企業設立数では、全体として163%伸びている。また、分野別では“医療・ヘルスケア”が大きな伸びを見せ、393%の伸び率だった。これは、近年ヘルスケアデータ分析やウェラブルデバイスを開発するベンチャー企業が増加したからだ。他にも、“住宅”、“農林水産技術”、“スポーツ・教育・エンターテインメント”、“自動車・交通”が上昇傾向だった。
アスタミューゼ株式会社
しかし、これまで高い比率だった“生産・物流・マーケティング”は伸び悩んでいた。さらに、“社会インフラ”は減少傾向を見せた。

【企業サイト】アスタミューゼ株式会社

広告