【アメリカ】安全性の高いモバイルアプリ開発者を育てるコースを開始

アメリカのIEEE Computer Societyはモバイル機器を対象とする安全性の高いアプリ開発について学ぶコース及び能力認定プログラムを開始する。

アプリ開発

アメリカのIEEE Computer Societyは、すでにオープンしているサイバーセキュリティトレーニングプログラムに加える重要なコースとして、安全性の高いモバイル向きアプリ開発のためのコース及び能力を認定するプログラムの開始を発表。IEEE Computer Societyは電気・電子技術の学会であるIEEEに属するコンピューター及びIT関連分野を専門とするソサエティ。

アプリが増加しその使用が広がるに連れて、モバイル機器の安全性も脅かされている。同ソサエティは今回のコースとプログラムによって、このような状況に対応しようとしている。コースは初心者用から中級者用まであり、アプリ開発のための基本を教える。コース全体カリキュラム修了に対して“the Secure Mobile Developer Certification”が準備されている。コースは全体を受講することも、個別に受講することもできる。

IEEE

200人以上の専門家によって、iOS、Androidそれぞれのセキュリティやプログラミングなどについて8コースが開発された。コースはオンライン授業として設置されているが、事前に録画されたスライド授業ではなく、授業内容とコース最終目標は何度も再検討されていく。

【企業サイト】IEEE Computer Society
【コースサイト】Secure Mobile Developer Courses and Certification

広告