【日本】屋外のネットワークカメラをクラウド管理

キヤノンマーケティングジャパン株式会社は株式会社クリューシステムズと共同で、ネットワークカメラを活用し屋外で撮影した映像を管理する新たなクラウドサービスを展開することを発表。

クラウド

日本のキヤノンマーケティングジャパン株式会社は、ネットワークカメラを活用した新たなクラウドサービスを、株式会社クリューシステムズと共同で展開する。キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、主にマーケティング活動やソリューション提案を行っている企業。

本サービスは、株式会社クリューシステムズが開発した映像監視ソリューション”SeeIT”と、それを利用するための屋外カメラボックス“SMB0500”、ならびにキヤノンマーケティングジャパン株式会社のネットワークカメラを、パッケージ商品として提供するものだ。“SMB0500”が備える無線通信機能と電源供給機能により、屋外のネットワークカメラで撮影した映像を、クラウド上で統合的に管理することが可能になる。
キヤノン
“SMB0500”は、高解像度の映像データを低コストで通信可能なうえ、閉域携帯網を使用するため、セキュリティー対策の強化も見込める。

【企業サイト】キヤノンマーケティングジャパン株式会社

広告