【アメリカ】CRMで営業活動のためにウェブクリッパーを提供

アメリカのPipelinersales Inc.は、Webページから情報を集めそれを直接CRMに保存し活用することができるWeb Clipperを、同社Pipeliner CRMでプラグイン機能として提供する。

ウェブクリッパー

アメリカのPipelinersales Inc.は、インターネットから見込み客や顧客の情報を集め保存し、同社Pipeliner CRMシステムにつなげる新しい”Web Clipper”のリリースを発表した。同社は、営業担当部門や担当者が相互に協力し営業活動を改善していくことができるヴィジュアルなCRMソフトウェアであるPipeliner CRMを開発販売。より効率をあげ営業活動を推進することに焦点をおいている。

”Web Clipper”はGoogle Chromeのプラグインで、使用すればウェブページから情報をとり、それを営業活動のためのリードやアカウント、またタスクとしてCRMに取り込むことができる。ウェブページの情報にハイライトをつけて”Web Clipper”をクリックすれば、それで情報は保存され、プレビュースクリーンで確認できる。”スマートクリッピング”の技術によってメールアドレスや電話など連絡先のような重要な情報はすぐに認識される。

pipeliner

他企業はWeb Clipperと同じような機能を、単独ツールとして販売したり料金が高いアドオンとして提供したりするが、同社の”Web Clipper”は顧客に対して別料金なしに提供されている。また同社ホームページから同ソフトのフリートライアル版をダウンロードすることもできる。

【企業サイト】Pipelinersales Inc.

広告