【KEY】日本 所有する車両の管理を効率化する

情報を可視化し“車両予約”や”利用実積管理”を徹底し無駄を減らすサービス、車両の点検・整備スケジュール管理を効率化するなどシステムを見る。

効率化

リアルタイムに車両管理ができる“車両予約”と”利用実積管理”機能

◆日本の株式会社フレクトはコネクテッド・カー・アプリケーション“Cariot“(=”Car(クルマ)“+”IoT“ キャリオット)サービスに、“車両予約”と”利用実積管理”機能をリリース。このサービスによって、リアルタイムに複数車両の走行データや利用状況を表示し、予約・利用できるクルマを把握できる。◆

日本の株式会社フレクトは、10月17日にコネクテッド・カー・アプリケーション“Cariot“の“車両予約”と”利用実積管理”機能をリリースした。“Cariot“は2016年から建設・物流業務を中心に作業の効率化やコスト削減を目的として利用されてきた。同社は、Salesforceを中心としたソフトウェア開発・コンサルティング事業等を行う。

“Cariot“は、車両にデバイスを差し込むだけで、インターネットやクラウドにつながり、位置情報や速度、燃費など幅広いデータの取得して、車の情報を可視化する。リリースされた機能によって、複数車両の予約・利用状況を一覧でき、実際の走行データがリアルタイムに反映され、次の利用者がどの車両をいつ利用できるのか簡単に把握できる。

flect

クルマの利用状況が把握できない、空予約で稼働しない車両があるなどの理由で、無駄になっていた維持費や駐車場のコスト、時間の問題を解消し、クルマ利用の適正化を実現する。

【企業サイト】株式会社フレクト
 

保有トラックの管理業務を効率化するクラウド型車輌管理システム

◆株式会社システム計画研究所は、保有トラックの法令点検実施や整備スケジュール管理業務の煩雑さを改善するために同社クラウド型車輌管理システムの機能強化を実現した。◆

株式会社システム計画研究所は、保有トラックの法令点検実施・整備スケジュール管理業務を効率化しコストを削減するクラウド型車輌管理システム“TruckCare(トラックケア)”の機能を強化し、2016年10月11日よりサービス提供を開始した。同社は、ソフトウェア開発、システム開発、システムインテグレーション、コンサルテーション、技術開発および製品開発を行う。

多数のトラックを保有する会社では、法令点検の実施や整備スケジュールの管理業務の効率化とコスト削減が求められてきた。そうした現場の声を反映しリリースされたシステム“TruckCare”はで、直感的で分かりやすいUIで操作しやすく、PC、タブレットやスマートフォンでも使用できる。

isp

今回は3点の機能を強化した。自社管理の車輌情報を一元管理に加えて、営業所単位での管理が可能。車検証、定期点検簿などの実施時に必要な書類の電子管理機能を実現。整備の実施履歴情報をExcelで加工可能なデータとして出力し帳票作成に利用可能。

【企業サイト】株式会社システム計画研究所/ISP

広告