【KEY】日本 人材資源を可視化する

企業にとって自社がどのようなヒューマン・リソースを持っているのか、またどのように活用しているのか、人材マネジメントの重要性が高まっている。そのためには個々の社員について能力や資格、業務状況などを把握することが求められる。

可視化

【日本】社員の資格をクラウドで一元管理

◆株式会社イノービアは、自社の人材スキル管理システム“SKILL NOTE”から、資格管理機能だけを独立させた“資格管理サービス”の提供を開始した。このサービスにより、有資格者や資格保有状況の確認、有効期限切れ前のアラートメール配信、資格の取得計画管理といった機能が利用可能。◆

日本の株式会社イノービアは、自社の人材スキル管理システム“SKILL NOTE”から、資格管理機能だけを独立させた“資格管理サービス”の提供を開始した。同社は、企業の人材育成を支援するシステム・コンサルティングを提供している企業。

“SKILL NOTE”は、スキル管理、資格管理、キャリア管理などの機能により、技術系人材の総合的な人材育成を支援するシステムだ。同サービスから、“資格管理サービス”を独立させることにより、社員が保有する国家資格、公的資格、企業独自の資格の全てをクラウドで一元管理することが可能になった。これにより、有資格者の検索や、資格保有状況の一覧を確認できるだけでなく、有効期限切れ前のアラートメール配信、資格の取得計画管理といった機能も利用できる。
株式会社イノービア
同社は、20万円の初期費用が半額になるサービス提供開始キャンペーンを実施しており、無料デモ体験の受付も行っている。

【企業サイト】株式会社イノービア

 

【日本】GPS機能で営業活動を可視化できるツール

日本の株式会社ハンモックは、営業管理者向けに名刺管理ツール“HotProfile”に営業支援のためのGPS報告機能などを追加した最新バージョンの提供を開始した。これは、クラウドを使い、営業活動を可視化したり営業報告のタイムロスをなくすなど営業の効率化を図るためのものだ。

今回のバージョンアップの特徴は、客先訪問前後や報告時の場所を把握できるようにするなど、社外での営業活動を可視化するための15の機能が追加されたことだ。まず、スマートフォンのGPS機能を使い、社外からの報告に日時と現在地を合わせて報告できる。また、営業担当者ごとに売上金額や件数などの営業目標を登録して目標管理が行える。さらに、定期的に自動ダウンロードされる商談関連情報は、既存システムへの登録に利用が可能だ。
株式会社ハンモック
このツールを使えば、名刺管理と営業支援およびマーケティングを自動で連携できる。サービス利用料はスタンダードプランを20人で導入する場合で、1ユーザーあたり月額3100円。

【企業サイト】株式会社ハンモック

広告