【日本】顧客のアクションを促すメール配信システム

日本の株式会社アクティブコアは、企業のマーケティング担当者などが効率よくメールを自動配信できるように、“activecore marketing cloud”のメール配信機能にメールの開封時間などのビッグデータを活用して個々のユーザーに対するメール配信時間の最適化機能を追加した。

電子メール

日本の株式会社アクティブコアは、企業のマーケティング担当者などに向けて、 “activecore marketing cloud”のメール配信機能に個々のユーザーへのメール配信時間を最適化する機能を追加すると発表した。これは、顧客のアクションにつながる時間に効率的にメールを配信するものだ。

このサービスの特徴は、顧客のビッグデータをAIが分析し、顧客がメールを開封したり商品を購入する時間に合わせてメールを自動配信してくれる点。また、メールの配信結果のフィードバックを基にしてさらに効率のよい時間帯を割り出すことが可能になる。さらに、マーケティング担当者は、メール配信後に配信についての詳細なレポートを確認することができる。そして、メール開封データのない顧客に対しては、Webサイト訪問時間などのアクション記録を基にメールの自動配信を行える。
株式会社アクティブコア
メールの自動配信時間は1時間単位で設定でき、設定の仕方も最適化ボタンを押すのみ。マーケティング担当者の負担を減らしながらきめ細かい効果的なメールによる営業活動が行える。

【企業サイト】株式会社アクティブコア

広告