【アメリカ】サービスとしての統合プラットフォームへの統合

アメリカのAutomational社は、サービスとしての統合プラットフォーム“Zapier”との新規統合を、開始したことを発表。ユーザーは、個々のアカウントを500以上のウェブアプリケーションと連携させることが可能になり、より容易に様々な方面へマーケティングデータの有用性を高めることができる。

プラットフォーム

アメリカのAutomational社は、技術者以外のユーザーのための、サービスとしての統合プラットフォーム“Zapier”との新規統合を、開始したことを発表した。同社は、中小・中堅企業に対して完全オリジナルのマーケティング技術を提供する。

この新規統合によって、“Automational”のユーザーは、“Shopify”、“QuickBooks”、“Survey Monkey”などの500以上のウェブアプリケーションと連携が可能になり、より強固で個々の有益なマーケティング活動が行えるようになる。そして、各企業のアカウントを“Unbounce”、“Wufoo”、“Gravity Forms”などのスモールビジネスと統合させることも可能である。これによってユーザーは、より容易に様々な方面へマーケティングデータの有用性を高めることができる。
Automational
“Automational”と“Shopify”を使用した6ヶ月のベータ版では、あるeコマース企業がオンライン上で30%収益を伸ばし、その額は2万ドルであった。

【企業サイト】Automational

広告