【KEY】日本 距離と時間を削減するサービス

管理すべき製品や作業のある場所と、管理を行う場所が離れている場合、人の移動、それに伴う時間のズレなどをできるだけ少なくするためのサービスが始まっている。ネットワークを利用して、状況を確認し対応する方向性を持つサービスである。

クラウド

【日本】製品を遠隔管理できるクラウドサービス

◆NTTコミュニケーションズ株式会社は、遠隔での製品管理を実現するクラウドベースのIndustrial IoT向けサービス“Machine Cloud”の提供を開始した。利用者は、対象となる機器に通信デバイスを接続し、Web画面で稼働状況や分析結果を閲覧したり、異常検知などのアラームをメールで受信し、迅速に対応することが可能となる。◆

日本のNTTコミュニケーションズ株式会社は、遠隔での製品管理を実現する、クラウドベースのIndustrial IoT向けサービス“Machine Cloud”の提供を開始した。同社は、ネットワークやクラウドサービスを取り扱う企業である。

本サービスの特徴は、セキュアモバイルとIoTゲートウェイをワンストップで提供する点だ。利用者は、対象となる機器に通信デバイスを接続し、Web画面で稼働状況や分析結果を閲覧したり、異常検知などのアラームをメールで受信し、迅速に対応することが可能となる。また、機器の稼働情報や点検情報の管理に必要なアプリケーションが、あらかじめ用意されているため、手軽に導入することができる。
NTTコミュニケーションズ株式会社
“Machine Cloud”は、APIによるデータ連携をサポート、BIツールなど様々な外部アプリケーションと組み合わせることが可能となっている。

【企業サイト】NTTコミュニケーションズ株式会社

 

【日本】ネットワークカメラで工事現場をリアルタイム確認

◆パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社は、工事現場の見守りに必要な機材をすべてセットにしてレンタルする“パッケージ型クラウドレコーダー”を、西松建設株式会社に納入したことを発表した。これにより、管理者は工事現場を1台のネットワークカメラで確認することができるようになる。◆

日本のパナソニック ソリューションテクノロジー株式会社は、工事現場の見守りに必要な機材をすべてセットにしてレンタルする“パッケージ型クラウドレコーダー”を、西松建設株式会社に納入したことを発表した。同社はITトータルソリューションを提供する企業。

本サービスでは、ネットワークカメラの映像を通して工事現場を見守り、工事の進捗状況、雨や風などの影響、作業員の安全などを確認することができる。そのために必要な機材一式を工事期間だけレンタルできるため、無駄なコストが発生しないのが特徴。ネットワークカメラは、防水機能に優れており、そのまま屋外に設置可能だ。さらに、上下左右に首振りが可能で、広角レンズを備えているため、935.47平米の工事現場を1台でモニタリングすることが可能。
パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社
録画映像はクラウド上に保存され、管理者が事務所や自宅にいても、タブレットやスマートフォンから現場の様子を確認することができる。

【企業サイト】パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社

広告