【アメリカ】エンベデッド分析市場、2021年までに46.91億ドルに拡大

アメリカのMarketsandMarkets社は、エンベデッド分析市場が、2016年の24.46億ドルから、2021年までに46.91億ドルに拡大すると予測する。年平均成長率13.6%である。セルフサービスツールによって、ITサポートの必要性は低減し、HR管理担当者は、より迅速な意思決定が可能となる。

分析ツール

アメリカのMarketsandMarkets社は、2016年から2021年においてのエンベデッド分析市場動向予測についての報告書を発表した。同社は、世界最大のマーケットリサーチ企業。

分析ツールによるエンベデッド(埋め込み、組み込み)分析市場は、データビジュアライゼーション、セルフサービス、ベンチマーケティング、リポーティングに分類される。その中でもセルフサービスは、2016年から2021年において最高の年平均成長率を記録すると予測される。セルフサービスツールによって、迅速なデータ管理、カスタマイズ可能な報告書作成が可能になり、ITサポートの必要性が低減する。ビジネス・アプリケーションによるエンベデッド分析市場は、マーケティング、セールス、オペレーション、ファイナンス、ヒューマンリソース(HR)に分類される。HR市場は、同期間において最高の年平均成長率を記録すると予測される。
マーケット&マーケット
雇用情報のデジタル化、給与社名簿プロセスの整備によって、エンベデッド分析市場の拡大を図る。HR管理担当者は、リアルタイムでのデータ分析が可能となり、雇用管理において、より効率的に全体を加味した意思決定を行うことができる。

【企業サイト】MarketsandMarkets

広告