【日本】3Dプリンタークラウドサービスと連携させるIoTデバイスを発売

日本の株式会社ミリメーターは、3Dプリンターをインターネットから監視可能にする「3DプリンターIoTキット」を2016年12月に販売予定。3Dプリンターがクラウドサービスと連携することで、生産効率を飛躍的に高めるIoTデバイスである。

3Dプリンター

日本の株式会社ミリメーターは、3Dプリンターをインターネットから監視可能にして、未来の工場に進化させていくスマート3Dプリンタープロジェクトの始動となる「3DプリンターIoTキット」を2016年12月に販売予定している。同社は、職人の精巧な技と最新のIT技術を組み合わせることで未来の当たり前を実現していくことを目指す。

このキットは、3Dプリンターで最大のシェアをもつオープンソースのRepRap製品をインターネットにつながる3Dプリンターに進化させる。立体物を低コストで製作する技術を持つ3Dプリンターはこれまで、データを使うためにはケーブルやSDカードなどが必要な、インターネットに直接つながらないスタンドアロンの製品が大半。3Dプリンターによる立体物の製造には数時間から1日近くかかり、安定した運用には習熟や監視のコストがかかる。

ミリメーター

独自の機能も組み込まれた「3DプリンターIoTキット」によって、ネットワーク経由で印刷状況が把握できるようになり、ランニングコストの削減を実現する。

【企業サイト】株式会社ミリメーター

広告