【KEY】アメリカ・フランス プラットフォームの技術

データをリアルタイムに収集、蓄積、分析、配信を可能にするプラットフォームの運用・導入が進んでいる。収集情報や配信の質向上、プロセスの簡略化、コスト削減など様々な観点からプラットフォームの有効性が判断される。米仏四社の記事を掲載。

プラットフォーム

【アメリカ】新たなソフトウェアアーキテクチャ導入の動き

◆アメリカのMarket Reports World社は様々な角度から情報を分析し配信している。同社の“High Performance Computing Server”プラットフォームが新たなソフトウェアアーキテクチャを取り入れることを報告書で発表した。◆

アメリカのMarket Reports World社は、“High Performance Computing Server”プラットフォームが新たなソフトウェアアーキテクチャを取り入れることを報告書で発表した。同社は、技術、経済変動等の様々な角度からの情報を分析し、信頼のおける情報を配信する企業。

“High Performance Computing Server”プラットフォームは、製造プロセスやコスト管理は勿論、ポリシーやビジネス戦略においても発展し続けている。そして既に、富士通社、日立社、NEC社、Dell社等の大手企業に導入されている。この報告書は、大手企業に向けて、費用、歳入、貿易状況、消費高等の細かな情報を提供。また、顧客分析に加え、“High Performance Computing Server”産業の今後の成長予測と、マーケティングチャンネル分析も記されている。
Market Reports World
この報告書によってビッグデータを使用するアプリケーションは、より高性能のパフォーマンス、データパラレルプロセスの実施が可能となるだろう。

【企業サイト】Market Reports World

 

【フランス】“Tour de France”のための最新のデジタルハブ

◆フランスのDimension Data社とAmaury Sport Organisation (A.S.O.)社は、“Tour de France”のライブ放送の質を高めるためのデジタルアプリケーションを発表した。リアルタイムでの情報発信、直感的に利用できる複数の技術を発表した。◆

フランスのDimension Data社とAmaury Sport Organisation(A.S.O.)社は、“2016 Tour de France”で、リアルタイムな情報を視聴者、コメンテーター、その他関係者達に向けて発信するためのビッグデータサイクル分析を一新することを発表した。

この動きの中核を成すのが“Race Center”の存在である。“Race Center”は、A.S.O.社と共同開発された、Dimension Data社のクラウドプラットフォームで操作されるウェブベースでのアプリケーションである。テレビ放送の品質を超えた、デジタル体験を視聴者に提供す、ことが可能となる。
Dimension Data
A.S.O.社のChristian Prudhomme氏は、「“Tour de France”は、世界的なスポーツイベントの一つである。複数のリアルタイムでの動画、ソーシャルメディアでのレース情報の配信は、この大きなスポーツイベントの質を大いに高め、なくてはならないものとなるであろう」と述べた。

【企業サイト】Dimension Data

 

【アメリカ】新たな“Infinity Data Connector”の提供開始

◆アメリカのWebtrends社は、新たな“Infinity Data Connector™”の提供を開始した。これにより、従来ETLプロセスに掛かっていた時間の短縮、コスト削減ができる。あらゆるデジタルデータをスムーズにHadoopや他のデータストレージに保存、管理することが可能となる。◆

アメリカのWebtrends社は、新たな“Infinity Data Connector”の提供を開始した。同社は、20年以上に渡り多くの企業をデジタルマーケティング成功に導くために、顧客データの管理、分析、運用を行っており、Microsoft社やトヨタ社も同社のビッグデータプラットフォームを導入している。

同社のCEO、Joe Davis氏は「ビッグデータがビジネス・インテリジェンスの要だと言われるようになった時代になっても、未だに多くの企業が顧客データの管理に手を焼いている。我々の新たな“Infinity Data Connector™”の提供によって、あらゆるデジタルデータがよりスムーズにHadoopや他のデータストレージで管理することができるようになる。顧客行動の理解が必要な企業にとって、この新たな“Infinity Data Connector™”は大きな役割を果たすだろう」と述べた。
Webtrend

“Infinity Data Connector”によって、従来ETLプロセスに掛かっていた時間の短縮、コスト削減が期待される。

【企業サイト】Webtrends

 

【アメリカ】マーケティングプラットフォームのための新サービス

◆アメリカのService Objects社は、マーケティング専門家のための新サービスである“Data Quality Scan”を提供することを発表した。同社は、2001年に設立され、リアルタイムでの顧客情報の有効性を確認するためのサービスを提供する。◆

同社CEOであるGeoff Grow氏は、「多くのマーケティングオートメーション提供社は、今まで不要な顧客情報を削除する機能を発展させてこなかった。自社の新サービスは、そこに注目し、データベース内の情報ををより高性能なものへと導くことに成功した」と述べた。この新サービスは、主要マーケティングオートメーションプラットフォームをもつMarketo社、Oracle社、HubSpot社ですでに統合、導入されており、新企業に対しての無料の試用期間も提供している。
Service Objects
ユーザーは、このサービスによって自社のデータベースを見直し、顧客とのより円滑なコミュニケーションを取ることが、可能になるだろう。

【企業サイト】Service Objects

広告