【アメリカ】マーケティングオートメーションと潜在顧客の関係

アメリカのStreamSend社は、マーケティングオートメーションと潜在顧客獲得の繋がりの重要性について発表した。Vandelay社のCRMを例に挙げた具体的な提案と、それに対する解決策が提示された。

マーケティング

アメリカのStreamSend社は、どのようにEメールマーケティング、マーケティングオートメーション、行動分析が、どのように顧客の潜在顧客リストに良い影響を与えるかについての情報を公開した。

提案:企業は、ポップアップ広告を自社のウェブサイトに設置し、相当の顧客集客を向上させようとする。しかしそれと同時に、そのポップアップ広告によって、既存の顧客の妨げにはなりたくないと考えている。解決策:顧客自身や、顧客のウェブサイトをモニタリングし、潜在顧客を特定する。そして、その潜在顧客に対してポップアップ広告を表示させるという、ワークフローを設定する。この解決策がどのように行わるのかについて、Vandelay社のCRMを例に挙げて具体例が示されている。
StreamSend
同社のDan Forootan氏は、「成功しているマーケター達は、オートメーション化が、歳入を改善させる最も大きな要因であると述べている。スマートマーケティングオートメーションによる潜在顧客リストの成長がよい例だ」と述べた。

【企業サイト】StreamSend

広告