【アメリカ】モバイル広告の最先端企業が日本法人を設立

アメリカのAppLovin社は、アジアにおけるモバイル広告配信におけるグローバル展開の一端として、同社の初めての海外法人となる日本法人Applovin株式会社の設立を発表した。

モバイル広告

アメリカのAppLovin社は、このたび日本法人であるApplovin株式会社の設立を発表した。これは、アメリカを拠点として活動している同社の初めての海外法人で、アジアにおけるグローバル展開の一端としての行動となる。

この企業の特徴は、モバイル広告におけるROI(投資対効果)ベースで広告を最適化配信できるサービスを提供している点だ。従来のデジタル広告配信では、インストール単価を主な業績評価指標としたものが多い。しかしこのプラットフォームでは、ユーザーがインストールした後の課金や入会登録などの行動データを利用しているので、高い広告費用対効果が得られる。また、アプリ開発者向けにソフトウェア開発キットを提供し、アプリ収益性の最大化を支援してくれる。同社は、アメリカで現在月間10億台以上のデバイスに広告を配信しており、1日当たりの広告リクエストは500億件を超えているので、スマートフォンアプリを利用した効果的な広告配信が期待できる。
AppLovin
日本でも、スマホの普及やモバイル・ゲーム市場が拡大している。このような状況の中でスマホアプリを使い新しい消費者を獲得したい広告主は、こうしたサービスを積極的に利用していくべきだろう。

【企業サイト】AppLovin

広告