【日本】バーチャルリアリティに関する意識調査結果

日本の株式会社Viibarは、20代から60代までの男女1207名を対象に、バーチャルリアリティ(VR)に関する意識調査を行い、その結果を公表した。

バーチャルリアリティ

日本の株式会社Viibarは、20代から60代までの男女1207名を対象に、バーチャルリアリティ(VR)に関する意識調査を行った。これは、VR関連サービス担当者やこれから参入する予定の人たちが現状を把握し今後の対策を考えるのに役立ててもらうためのものだ。

調査結果によると、今回の調査対象者の6割以上がまだVRを体験していない一方で、VR経験者はVR体験に未体験者よりも多額の出費をする傾向が見られた。調査対象者が体験したいコンテンツについては、もっとも多いものが観光、次にエンタメ、音楽、アニメとなっていた。また、VRを利用するシーンとしては、自宅でPCやテレビ、スマホなどの端末で気軽に使えることを考えている人が多かった。さらに、体験者が経験した内容では、アトラクションや映画、ゲーム、プロジェクションマッピング、オンライン動画が多く、きっかけの約半数がテレビやイベントだった。未体験者についても、約半数が無料または低価格なら体験してみたいと回答していた。
ビーバー
2016年はVR元年とも言われており、低価格の家庭用VR機器をはじめとした市場の拡大が見込まれる。VRの普及のために、この調査結果はとても良い参考になるだろう。

【企業サイト】株式会社Viibar

広告