【アメリカ】アメリカのIoTに関する調査報告

IoTに関するアメリカの報告書二つを紹介する。IoT、eコマース、ビッグデータなどの技術の進歩によるグローバル・ネクストジェネレーションテクノロジー市場の拡大、またIoTシステムの導入課題についての報告である。

IoT

【アメリカ】IoT、eコマース、ビッグデータによる市場の急成長

アメリカのPersistence Market Research(PMR)社は、グローバル・ネクストジェネレーションテクノロジー市場の今後の動向に関する報告書を発表した。IoT、eコマース、ビッグデータなどの技術の進歩によって、同市場の急成長と、それに伴うコミュニケーション技術の需要が高まると予測される。インフラ整備と費用軽減が課題である。

アメリカのPersistence Market Research(PMR)社は、グローバル・ネクストジェネレーションテクノロジー市場の動向に関する報告書を発表した。同社は、市場調査報告書を提供する大手企業。

IoT、eコマース、ビッグデータなどの技術の進歩によって、グローバル・ネクストジェネレーションテクノロジー市場は急速に拡大すると予測される。それに伴い、コミュニケーション技術の需要の拡大も思慮される。顧客の需要は益々高まり、新しい商品が次々と発売されるだろう。その一方で、インフラの整備と費用の軽減が課題となる。グローバル・ネクストジェネレーションテクノロジー市場は、コミュニケーション技術のタイプとアプリケーションのタイプによって区分される。
Persistence Market Research
グローバル・ネクストジェネレーションテクノロジー市場の鍵を握るのは、 AT&T社、Verizon社、Huawei Technologies Co.社などの企業である。これらの企業がコミュニケーションギャップの解消、ユーザーの使用感の改善を行うことで、質全体の向上を図る。

【企業サイト】Persistence Market Research

 

【アメリカ】IoTシステムの導入課題調査

アメリカのStrategy Analytics社は、”IoT 2016 Deployment Trends and Usage Survey”報告書を発表した。この報告書によって、セキュリティとコスト削減による成果の不透明性の問題が明らかとなった。また、調査対象の56%が、ビッグデータ分析はIoT配備推進のためであると述べた。

アメリカのStrategy Analytics社は、Strategy Analytics IoT Strategies (IoT)報告書である”IoT 2016 Deployment Trends and Usage Survey”を発表した。同社は、先端技術、モバイル関連を中心に、コンサルティングサービスを提供する。

この報告書は、教育、ファイナンス、ヘルスケアなどの23のバーティカルマーケットから、350以上のグローバル企業を対象にして行われた。70%の企業がIoTを使用している。しかし、 IoT Systems Research and Consulting社のLaura DiDio氏は「既存システムの統合とセキュリティの問題が、IoT配備推進の最大の妨げとなっている。わずか13%の回答者がIoTがセキュリティ強化に有用であったと答え、56%がセキュリティ強化が最重要の技術的な課題であると答えた。そして、ほぼ半分の回答者が極めて重要であるコスト分析が完了していない」と分析する。
Strategy Analytics
投資家、システム統合担当、第三者団体へ呼びかけ、IoTの力をフル活用出来るように教育、開発、持続可能なメンテナンスを促進していく見込み。

【企業サイト】Strategy Analytics

広告