【日本】メガネ型デバイスで転就職活動をサポート

日本の株式会社インテリジェンスが運営するDODAは、就職および転職活動者むけに“Life Interview~ライフログで見つける、未来の仕事~”を開始、就職の際の個人と企業のマッチング率向上が目的。

就職・転職

日本の株式会社インテリジェンスが運営するDODAは、就職および転職活動者むけに“Life Interview~ライフログで見つける、未来の仕事~”を開始する。これは“未来の面接プロジェクト”の第2弾として行われるもので、就職の際の個人と企業のマッチング率向上が目的。

この計画の特徴は、就職を希望する大学生や企業の社員にメガネ型デバイス“JINS MEME”を装着してもらい、ライフログから自分に合う企業を見つけ出そうという点である。実証実験では、実際に1週間メガネを装着して、まばたきの回数や視線の移動、姿勢の乱れなどのデータを収集。次に、データサイエンティストらが、ビックデータ解析によって、個人の集中力やストレス耐性、生活スタイルを解析し、マッチングロジックを作成・検証する。それから、企業側で成績優秀な社員のデータと比較して、個人のライフログとのマッチングを行う。これにより、個人は自分がどのような会社や職種に向いているのかが分かり、企業も面接だけでは知り得ない求職者の情報を得ることができる。
DO
この計画が順調に進めば、2016年秋以降には実用化される予定だ。最近、企業の離職率の高さが問題視されているが、企業の人事担当者はこのようなシステムを積極的に取り入れて自社にふさわしい人材を採用できるようにすべきだろう。

【関連サイト】DODA

広告