【アイルランド】“Hadoop”市場2022年までの需要成長予測

アイルランドのResearch and Markets社は、 データストレージ容量の多さや、その処理能力の速さ、ハードウェア故障の際のデータ修復能力に優れている“Hadoop”市場の2016年から2022年における成長予測について報告書を発表。

Hadoop

アイルランドのResearch and Markets社は、 “Hadoop”市場の2016年から2022年における成長予測をまとめた”Global Hadoop Market Insights, Opportunity Analysis, Market Shares and Forecast 2016 – 2022”報告書を発表した。同社はダブリンを拠点とし、市場調査を専門とする企業。

“Hadoop”はDBMS(データベースマネジメント)の基礎であり、今や、Amazon社やMicrosoft社などの名立たる大手に導入されている。そして、Facebook等のソーシャルメディアでの利用により、その力を更に拡大した。“Hadoop”は、データストレージ容量の多さや、その処理能力の速さ、ハードウェア故障の際のデータ修復能力に優れている。そして、どのようなタイプのシステムからのデータにも対応することができる。その点が、あらゆるビジネス分野で使用されるようになった理由である。また、データ統合能力にも優れているため、膨大な量のデータ処理能力が必要なTwitterをはじめとする多くのソーシャルメディアで必要性が高い。
Research and Markets
“Hadoop”市場は今後さらに活性化し、より身近なものとなっていくであろう。

【企業サイト】Research and Markets

広告